• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キャシー・松井 日系移民の両親から学んだ大切なこと(3/3)

2018年3月13日

「人生は自分で選択したほうが成功のチャンスは大きい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 留学から帰国した私は、ジョンズ・ホプキンズ大学大学院に進学。2年間の修士課程中の夏休みに、東京でインターンシップを経験する機会がありました。そのときに出会ったのが、後に夫となるドイツ人の大学院生。彼は日本で政治家の秘書やエコノミストとして働いていました。大学院を卒業すると、私は愛のために、迷わず日本に戻ることを決めました。

 日本での就職活動を経て、外資系証券会社3社から内定を獲得。金融業界を目指したのは、分析すること、意見を述べることが好きな自分の性格や強みを生かせそうだ、という気持ちから。でも実際は、面接だけで会社を選ぶことができず…。そこで、内定を得た3社に「半日だけ見学させてください」とお願いしたんです。

 1社目は、図書館のように静かで、つまらなく感じました。2社目は、シニアアナリストは男性、女性は4大卒でもアシスタントという役割差があった。3社目は、国籍や男女の差が全くない。何より、社内の雰囲気が明るかった。そこで3つ目の会社、イギリスに本社があるバークレイズ証券への就職を決めました。

 25歳で入社した私は投資調査部に配属されました。チームはイギリス人ボスと私の2人。1990年当時の日本は、バブルのピーク。PER(株価収益率)は50倍、60倍が普通だった日本株はまもなく大暴落しました。でも、経済が厳しいときほど、アナリストには勉強になるもの。投資戦略に必要となる分析や考え方を学ぶ日々は、とても充実していました。

 入社3年目で上司が退職し、チーフストラテジストに昇格。競争に勝つには、まずは他社と同じような分析レポートを出せば、なんとかなると思いきや、これがどうにもならなかった。国内の大手証券会社に、分析データ量やスピード面では、全く太刀打ちできません。さらに私には、キャリアが浅いこと、外国人女性であるというハンデがある。悩む日々が続きました。

取材・文/松田亜子

日経ウーマン2018年3月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

プロフィール
Kathy Matsui
Kathy Matsui
1965年アメリカ生まれ。ハーバード大学卒業、ジョンズ・ホプキンズ大学大学院修了。90年にバークレイズ証券、94年ゴールドマン・サックス証券入社。99年「ウーマノミクス」という新しい概念でレポートを発表。『インスティテューショナル・インベスター』誌日本株式投資戦略部門アナリストランキングで1位を獲得。2015年から副会長となり、チーフ日本株ストラテジストとして活躍する一方、アジア女子大学の理事会メンバーも務める。1男1女の母。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ