• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小林麻央に北斗晶…なぜがん闘病者はアメブロを選ぶか

2017年3月30日

彼らが闘病記を書くことの意義とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

小林麻央さんや北斗晶さんなど、がんの闘病記をブログに残す著名人が増えています。この二人の発信の場は、どちらもアメーバブログ。がん闘病記になぜアメブロが選ばれるのか? その理由を知るべく、ネット編集者の中川淳一郎さんに、アメブロ広報に突撃してもらいました。

中川淳一郎が取材 なぜがん闘病記はアメブロで書かれるのか?

闘病記を積極的に発信し、英BBCから「今年の女性100人」に選ばれた小林麻央さん

 「ハンコ貸してください!」――2000年のとある春の午前、会社員だった私の携帯電話にOB訪問で出会った学生から電話がかかってきた。

「今から最終面接なんです! でもハンコを忘れてしまいまして……。中川さん、会社にいますか!?」

「あぁ、いるよ。急いでおいで。13階だからね」

 ――そんなやり取りをした中川君が29歳の若さで亡くなったのは2008年のこと。

 彼の訃報を知ったのは既に葬儀が終わった後だった。

 「皆が集える場所を作りたい――」白血病だった彼はそう語っていたという。2008年、白血病のため29歳で亡くなった彼の両親の元を死後訪れたとき、そう聞いた。

 そんな彼がつづった闘病記のブログは、今でも毎日誰かが訪れ、命日になると最後に執筆されたブログ記事には彼をしのぶコメントが書き込まれる。人々は「また来たよ」とメッセージを残していく。最後のメッセージは彼が友人に託し、死後に更新したものだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ