• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「今は女性も管理職になるべき」、それって必要?

2017年6月23日

メリット享受には、女性管理職比率30%は必須

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「女性管理職を増やそうという流れ、社会人5年目の私には分かりません」という投稿がありました。女性管理職が増えるとどんなメリットがあるのか、健康社会学者の河合薫さんとアラサー独身OL代表ニケさんが、改めて考察する後編です。

【Q】女性管理職が増えるとどうなる?(後編)

あるあるカイシャ事件簿Vol.68「女性管理職を増やすメリットって?」
 私は現在社会人5年目です。ここ最近、会社では女性管理職を増やそうという流れになってきていますが、実際に女性の管理職を増やしたからといって何が変わるのかイメージができません。世間一般的には、女性管理職を増やしたほうが社会全体または会社にとってメリットがあるということなのでしょうか。(27歳、医療福祉関連、一般事務、独身)
女性管理職が少ないことで起こるデメリットも考えよう (C) PIXTA

【A】職場が元気になります

ニケ 前回は「差別の歴史」を教えてもらいましたが(前回記事・女性管理職は必要ですか? 差別撤廃の歴史をひも解く)、今回はその続きですね。なぜ、「女性管理職30%」なのか? 30%なんて、到底ムリだと思うんですけど……。

カワイ 実はね、政府はこっそり30%の実現を諦めてるのよ~。

ニケ マジっすか!

カワイ そうですよ。2015年の年末に「国家公務員では7%、民間企業では15%」に引き下げているの。まぁ、事実上断念したってことね。

ニケ ぎえ~、知らなかった! んじゃ、頑張って女性管理職を増やさなくてもいいじゃないですか!

カワイ でも、政府の数値目標がどうであれ、「女だから」って差別されるのは嫌でしょ?

ニケ うん、嫌っ。女であることは変えられないですもん。そっか。そういうのをなくすために、数値目標は必要なんですもんね。えっと……なんだっけ。えっと、あ、ポジティブ・アクション、アファーマティブ・アクション! 前回、教えてもらったんでした!

カワイ はい。そうです。読み過ごしちゃった人はこちら(前回記事・女性管理職は必要ですか? 差別撤廃の歴史をひも解く)を見てくださいね。いずれにしても、本当に女性管理職を増やすメリットを享受したいのであれば、30%はマストです。15%なんて目標ではダメ。そんなんじゃ、「スカートをはいたおじさん」を増やすだけです。

 「スカートをはいたおじさん」とは、男性の考え方に同調して男社会の「烏合の衆」と化し、嗜好性も男性と何一つ変わらない女性のことを指します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「他人をバカにしたがる男たち」(日本経済新聞社)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ