• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

育休後に転勤&昇格を告げられ…受けるべきか転職か

2017年1月20日

このタイミングで地方転勤を持ち出す会社の姿勢って?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

育休後に昇進と地方転勤を伝えられてしまった女性のお便りが届きました。キャリアアップのチャンスではありますが、子連れの単身赴任には踏み出せないようです。これはマタハラ? それとも女性活躍推進の副作用? 健康社会学者の河合薫さんと、アラサー独身会社員代表・ニケさんが考えました。

あるあるカイシャ事件簿Vol.50「復帰後、キャリアアップのレールに乗るべきか」

 まもなく出産で、その後は育休を取得する予定です。その後のことで悩んでいます。
 実は産休と育休の時期が、キャリアアップの時期と重なってしまうのです。会社からは育休復帰後、管理職への昇進とそれに伴う地方転勤を伝えられています。
 夫は会社経営者のため東京から離れることはできません。そして私の会社は本社が地方のため、夫のいる東京へ戻る転勤の可能性はとても低いです。
 子どもを妊娠してから「キャリア」に対する考え方が変わってきました。かつては「何がなんでも仕事」と考えていたのですが、今はその気持ちが少し軽くなり、自分でも驚くほどです。
 シングルで子連れ転勤を続けて行くのは大変ですし、このタイミングで地方転勤を持ち出した会社に対して、正直、不信感が募っています。会社への忠誠心を貫くべきか、転職して新たにキャリアと向き合うか、とても悩んでいます。
 こういったことは、私以外にも、よく起こっているのでしょうか?
(正社員 IT・通信 営業・SE・保守運用 34歳)

子どもが生まれたら転勤はムリ……? (C) PIXTA

ニケ マタハラだ~っ! ちっちゃな子どもいるのに単身赴任なんて! ひどい~、ひどすぎる~ぅ~!

カワイ でもね、34歳ITさんと同じように悩んでいる人は、結構いるのよ。

ニケ え~、そうなんですかぁ~? ニケの周りにはいませんよ。アッ……! でも、転勤先が、パリとか、ロスとか、ミラノとかだったらアリかも~。

カワイ あ・の・ね~!

ニケ ひえ~、ウ、ウソでこざいます! たとえ転勤先がドバイでも、あ・り・え・ま・せ・んっ! ふ~っ……。

カワイ ドバイ? ドバイではお手伝いさんに子育て任せる人が多いのよね。そうね、ドバイだったら会社に交渉してお手伝い手当を……。

ニケ あの~、薫さん! ドバイ……ないっす!

カワイ あ~、またニケペースに巻き込まれるところでした(冷汗)。えっへん。えっと……、そうそう。「私以外にもよく起こっているか?」ってことからお話しますね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「他人をバカにしたがる男たち」(日本経済新聞社)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ