• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く男女調査 欲しいのは恋人よりも時間と休み

2017年9月22日

全国民みーんなお疲れモード?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「あー、もっとゆっくり休みたい!」――そう思ったことのある人は多いでしょう。皆さんは、日ごろしっかり休養を取れていますか。日本人は「休み下手」といわれますが、全国の働く男女1000人を対象とした調査で、とにかく満足な休養が取れていない日本人の実態が明らかになりました。

(日本リカバリー協会調べ、調査期間:2017年8月21日~23日、対象:日本在住の20~60代の各年代男性100人・女性100人の計1000人、有職者)

何もかも忘れて、泥のように眠りたい… (C) PIXTA

1日の中で足りない時間は?

 まず「1日の中で足りないと感じる時間」について聞いたところ、最も多かったのは「休養・睡眠」で59.7%、およそ6割にのぼりました。続いて、「趣味・遊び」50.1%、「運動」37.9%が並びました。

 一方、「仕事」「家事」は約8.5%にとどまる結果に。仕事や家事は十分だと感じているようです。

 仕事から離れて、体を休めたりストレス解消をしたりするための時間が足りていないと感じている実態が明らかになりました。

「休養・睡眠」「趣味・遊び」「運動」が足りていない人が多い!

 年代別に見ても、20~60代の全年代で足りない時間のトップは「休養・睡眠」という結果に。中でも割合が高いのは40代の68.5%で、一番低い60代でも5割以上は休養が足りないと感じていることが分かりました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ