• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

手作り肉じゃが、抽選会、面白チョコ……みんなのバレンタイン成功&失敗談

2016年2月8日

義理のつもりが勘違いされた人、職場で好感度を上げた人……悲喜こもごも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2月14日はバレンタインデー。好きな人にチョコレートを渡して思いを伝えようと、ドキドキの人も多いでしょう。また恋人やパートナー、家族や友だちにお菓子を渡すだけでなく、社会人なら職場の男性に義理チョコを配る人も多いでしょう。せっかく渡すなら、相手とより良い人間関係を築くきっかけにしたいものですね。
 そこで日経ウーマンオンラインでは、読者にアンケートを実施、バレンタインの成功例を集めました。「もう繰り返したくない……」という失敗エピソードもご紹介します。前半はプライベート編、後半は職場編です。

(◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施、調査期間:2016年1月4日~1月31日、有効回答数396名)

ごちそうさま! 手作りで大成功

 まずは、プライベート編から。やはり、手作りお菓子のプレゼントは喜ばれますね。

甘いものが苦手な彼に、最低限の砂糖と、カカオ率が高いチョコを使用してガトーショコラを焼いたら好評でした。10年経った今も「おいしかった」と言ってくるので、今年は10年ぶりに作ろうかな~と思います。(26歳)

時間がなくて簡単な生チョコしか準備できなかったけど、彼はすごく喜んでペロリと食べちゃいました。お礼に、ホワイトデーは手作りしてくれました。(21歳)

毎年、無印良品やスーパーで売られている手作りキットでお菓子を作っています。「クックパッド」などのレシピだと、やや高度で再現しづらいので、簡単に作れておいしく、しかも安いキットは本当にありがたい! 毎年、夫や家族にも大好評なので、今年のキットも楽しみです。(23歳)

マニアックなゆるキャラが好きだった人に、手作りでそのキャラクターのチョコプレートを作りました。感動して喜んでもらえました。(31歳)

当時の彼氏に手作りのチョコケーキを用意。ケーキの上にチョコペンで「ずっと一緒にいようね」と書きました。ケーキを見た瞬間、彼が泣きました。(35歳)

チョコレートが苦手な相手には?

 手作りチョコを渡すのはバレンタインの王道といえますが、相手がチョコレートをそれほど好きではないことも。こちらの体験談からは、相手が何を喜ぶかを考えて用意したプレゼントが実を結んでいることが分かります。

私の彼はシュークリーム好き。さっと食べられる小さめのシュークリームを作ってプレゼントしたら、すごく喜ばれて「来年もこれが良い!」と言われました。シュークリームは買ったほうが安いのですが(笑)、喜んでもらえたのでまた作ろうと思います。(27歳)

遠距離恋愛中の彼氏に、肉じゃがを3日間分ほど作って新幹線で家まで運びました。とても喜んでもらえたし、嬉しかったのか3日分もあったのに一瞬で食べてしまいました。胃袋をつかめたのか、今、無事に結婚しています。(33歳)

私の得意料理、カレーが大好きと言ってくれる彼。某有名メーカーのチョコだけでなく、その日作った夕飯に喜んでくれました。チョコではなくカレーの“海”に、ごはんと薄焼き卵で作った“アヒル隊長”を浮かべました。愛情のこもったキャラ弁に近い感覚があるのだそうです。見た目が華やか&お肉ごろごろ角煮カレーというタッグが彼の心をつかんだようです。(29歳)

私の父はバレンタインデーになると、母と娘2人からチョコレートがもらえる人気者です。でもお酒好きで、甘いものはそんなに好きではありません。そのため、ある年のバレンタインは、ウイスキー、焼酎などお酒入りのチョコが大集合! もうこれならいっそ酒瓶を渡したらいいじゃないか、ということになりました。(29歳)

ちょっとしたひと工夫で好感度アップ

 サプライズをプラスすると、より喜ばれるという成功例がこちら。粋な計らいで相手を喜ばせられる、心配りのできる女性になりたいものです。

昨年のことです。婚約&同棲中の彼氏は、手作りではなく、買ったチョコを贈られると思っていたようでした。しかし私は前日に早退して、証拠も残さぬように実家でお菓子を製作。14日になりテーブルに作ったガトーショコラを並べておきました。彼氏が見つけたときは大喜びでした。すぐに1個目を食べちゃいました。(32歳)

友人宛てに紅茶味のクッキーを焼きました。紅茶が余ったのでクッキーと一緒に詰めて贈ったところ、とても喜ばれました。(23歳)

毎年、チョコをプレゼントしていた父に、チョコにハンカチをつけてプレゼントしたところ、非常に喜ばれました。たまに変化を出すのはよいですね。(32歳)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ