• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

知っておけば大違い!「非常食」準備のコツと盲点~災害に備えて(2/3)

2015年9月11日

非常食・災害食をストックする際のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

◆コツ2◆非常食選びのポイント5つ

Point1●1食使い切りタイプを

 電気が不通となって冷蔵庫やエアコンが使用できない場合がありますので、食中毒にならないためにも、残さずに食べ切れるものを用意しましょう。乾パン類など水分が非常に少ないものは多少はもちますが、水分を含んだ状態のものは要注意です。換気ができない場合は残しておくとにおいもこもります。

Point2●火を使わなくても食べられるものを

 ガスや水道が使用できない場合もあります。カセットコンロを常備して使えるようにしておくのもいいのですが、換気が十分にできる環境下でない場合もあり、非常時に冷静に扱えない場合、カセットボンベの事故を起こす可能性もあります。温めなくても食べられるもの、あるいは温める際に火を必要としないもの。そして、塩分が強いなど過度に水を消費しないもの、食べる際に口の中の水分を過度に吸収してしまわないような食品が望ましいでしょう。

 温かいものは心身ともに充足感をもたらします。火を使わなくても温めて食べられる発熱剤入りのものもありますので、そうしたものもストックに加えるといいでしょう。

Point3●栄養価の高いもの

 非常食は、炭水化物中心になりがちです。たん白質、脂質、カルシウム、ビタミンをカバーできる食品…のり、食べる煮干し、ドライフルーツ、ナッツなど、保存可能な高栄養食は備蓄したいものです。

Point4●調味料

食欲がないときも食べられるように、味付けができるもの。携帯できる醤油、塩、リキッドレモンなどを揃えておくと、便利です。

Point5●おやつ

 飴やガムは、口の中に含んでいると安心感が生まれ、気持ちに余裕がもてます。また、非常時には甘味は入手しにくいため、特に普段からよく食べている人は、用意しておきましょう。

 では最後に、忘れがちなチェックポイントを紹介します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ