普段家での配偶者の呼び方
普段家での配偶者の呼び方
[画像のタップで拡大表示]
他人に話すときの配偶者の呼び方
他人に話すときの配偶者の呼び方
[画像のタップで拡大表示]
呼び方と夫婦満足度の関係
呼び方と夫婦満足度の関係
[画像のタップで拡大表示]

 夫婦は家でお互いを名前やニックネームで呼ぶことが多く、外では「嫁さん」「旦那さん」が多い。また、名前やニックネームで呼ぶ人ほど夫婦間の満足度が高いことが分かった。

 20歳―60歳代の男女に、普段家での配偶者の呼び方を尋ねたところ、男性の1位は「名前、または名前にちなんだニックネーム」(48.4%)で2位は「お母さん/ママ/おかあちゃんなど」(31.2%)。女性の1位は男性と同じく「名前、または名前にちなんだニックネーム」(46.6%)で、2位は「お父さん/パパ/おとうちゃんなど」(37.6%)だった。

 年代別では男女とも若いほど「名前、または名前にちなんだニックネーム」が多く、20歳代男性は81.0%、女性は75.0%と約8割を占める。女性は年齢層があがるほど「お父さん/パパ/おとうちゃん」が増えるが、男性は「お母さん/ママ/おかあちゃん」と呼ぶ人は40歳代をピークに以降は減少し、代わって「おい/ねえ」が増加する。

 外で他人に話すときの配偶者の呼び方は、男性では1位が「嫁/嫁さん」(33.6%)で、「名前」「家内」(いずれも10.0%)が続いた。女性は1位が「旦那/旦那さん」(33.6%)、2位が「主人」(28.6%)、3位が「お父さん/パパ/おとうちゃん」(9.6%)だった。

 互いの呼び方と夫婦間の満足度の関係を調べてみると、男性で夫婦の関係に満足していると答えた割合は、相手を「名前、または名前にちなんだニックネーム」で呼んでいる人では81.4%で、「お母さん/ママ/おかあちゃん」と呼んでいる人の71.8%を9.6ポイント上回った。一方女性は、「名前、または名前にちなんだニックネーム」で呼んでいる人の満足度は77.3%で、「お父さん/パパ/おとうちゃん」の62.2%より15.1ポイントも高かった。

 調査は、リクルートのブライダル総研が首都圏、東海、関西に在住の既婚者および離婚経験者1200人を対象にアンケートを実施し、集計した。

■関連情報
・リクルートのWebサイト www.recruit.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント