• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

便秘で「仕事やキャリアに行き詰まり」

2011年4月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 普段から「お通じが3日以上ない」という便秘の女性は、20歳代では5人に1人にのぼる。これらの人は疲れやすさや、胃の調子など、体調面で不調を感じる割合が高く、精神面でも「キャリアや将来に行き詰まりを感じたことがある」と回答する割合が高い。こんな調査結果をマイボイスコムがまとめた。

 この調査は2011年3月2―9日の期間、関東・中部・関西在住の女性会社員と専業主婦を対象にインターネット上で実施し、4208人から回答を集めた。便秘の人は全体で16%。年代別では20歳代が最も高く20%になった。

 便秘の女性とそうでない女性それぞれ450人を選んでさらに詳しく尋ねたところ、便秘でない女性でも約半数(46%)が「過去に悩んだことがある」と答えた。

 また便秘の人、過去に悩んだことがある人にその具体的な内容を聞いたところ、「つまった感じがする」「ガスが出る」がそれぞれ64%、次いで「おなかが出る」が63%だった。対策としては過半数が「ヨーグルトおよびヨーグルト飲料を摂取する」と答えた。また便秘の人では「薬を飲む・もしくはかん腸する」が29%だった。

 「お通じのタイミング」を聞いたところ、便秘でない女性は「起床後―朝食後」が6割近く(59%)を占めるが、便秘の女性はその半分以下(24%)にとどまっており、午前中や午後に散らばっている。朝食についても便秘女性の方が毎日食べている率が低く、結果として排便も不規則になりがちだと、マイボイスコムは分析している。

 体調について尋ねると、疲れやすさや、胃の調子など、便秘の女性の方がすべての項目において不調を感じる割合が高く、特に「疲れやすい」という回答が8割近く(75%)にのぼった。また体形についても便秘の女性の方が「やせにくい」「太りやすい」と答える人が多い。

 さらに便秘女性は「仕事やキャリアに行き詰まりを感じたことがある」と回答する率が高く、具体的な行き詰まりの理由でも「精神的に疲れて」「毎日が同じことの繰り返しに思える」などが高め。一方で将来について「自分の将来は明るい」「幸せな人生を築ける」「満足な人生を送れる」などの見通しは低めで、精神面での影響もうかがわせる結果となった。

■関連情報
・マイボイスコムのWebサイト http://www.myvoice.co.jp/

取材・文/植木 皓=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ