• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

香山リカ「女性の“幸せ”が遠のく時代に」

2010年11月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今は、「以前にはできなかったことが、ハードルが下がって多くの人たちができるようになっている」と精神科医の香山リカさんは言います。でも、その先に待っているものは?――。
 「女性の自己像のハードルが高くなっている」「一人勝ちか全部負けかの二極化」という時代に、
女性はどうすればいいのかをうかがいました。
(聞き手/生活コラムニスト・ももせいづみ)

◆       ◆       ◆       ◆

――香山さんは日々、いろいろな人の悩みと向き合っていると思うんですが、女性を取り巻く状況の変化を感じる部分はありますか?

香山リカさん
精神科医。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。1960年、札幌市生まれ。東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に寄稿。その後も臨床経験を生かして、新聞、雑誌で社会批評、文化批評、書評なども手がけ、現代人の“心の病”について洞察を続けている。『しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』(幻冬舎新書)、『母親はなぜ生きづらいか』(講談社)など、著書多数。

香山私自身は気楽に生きてきたし、はっと気が付いてみたら子どももいなくて、たいしたことも成し遂げてないなあ、失敗したなあという気持ちがないわけじゃないです。診察室では人と比べないようにと言ってはいるけれど、自分の中ではどういう人を見ても、ああいう生き方は素敵だなあとか、ああだったら楽しいだろうなあ、なんて思うことも多いですよ。

 ただ、診察室では、私からみて幸せであるはずの生き方をしている人が悩んでいたり苦しんでいたりするのを目の当たりにすることが多いですね。10年前から都内の病院に勤務しているということもあると思うけれど、「そのままで十分じゃない? これ以上何が?」と思うような人が、「このままじゃいけない」とか「何か足りない」と言うことが増えたという気がしますね。

 じゃあ、その人たちはどうしたいのかというと、具体的に何かがあるわけじゃなくて、メディアのなかに時代のシンボルのような人が出てくると、「その人に比べたら自分はまだまだ」だと思ってしまう。

――シンボル。例えばどういう人たち?

香山例えば最近だったら宇宙飛行士の山崎さんとか、蓮舫さんとか。こういう人たちはキャリアも学歴も美貌も、もちろん結婚も子どもも、すべてを手に入れているかのように見えるわけです。

 それじゃ、あなたは蓮舫さんのようなことがしたいの? と聞くと「いえいえとんでもない、私にはとても無理」って答える。でも今のままではいけない、と思ってる。

 子育てが女性だけの問題になっているといった社会的側面も、もちろんあるわけですが、一方では女性の心のなかにある要求水準の高さとか、自分への厳しすぎる視線や過剰なほどの向上心とか、そういうもので自分で自分を苦しめているということはあると思いますね。

――なんでそんな風に要求水準が高くなってしまったんでしょうねぇ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ