• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

挫折しないプランの立て方講座

2015年1月14日

実現可能なスケジュール作りが目標達成の鍵

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「目標を立てても、ちゃんと実行できずにいつも挫折…」。そんなあなたに朗報!

なりたい自分に到達するまでのステップをしっかり押さえ、スケジュールに落とし込み、

目標達成の最短ルートを描きましょう

目標やタスクの“見える化”がカギ

 読者アンケートでは、年の初めに年間の目標を立てたという人が半数以上。でも、実際に目標を達成できたという人はわずか4%という残念な結果に。「目標は立てたものの、結局何もしなかった」「初めは頑張っていたけれど、徐々にモチベーションが下がってしまった」など、途中で挫折してしまうケースは少なくない。

 そんな女性たちに「目標達成が難しいのは、そもそも目標そのものが漠然としていて、具体的に自分が何をしたらいいのか把握できていないから」とアドバイスするのは、図解化コンサルタントの池田千恵さん。

 やりたいことを頭の中で描いても、それをいつ、どう行動に移すのかまで決めている人は少数派。結果的にズルズルと先延ばししてしまい、焦りや不安ばかりが芽生えてしまう。まずは左のSTEP1を参考にしながら、自分の夢や目標を明確にし、それに向かってやるべきことを“見える化”しよう。

 「たとえ実現の可能性が低いと思われることでも、やりたいと思ったことは自由にノートに書き出して。書いて視覚化できるようにすると、そこに到達するための具体的な方法もおのずと浮かんできます」

 次に、STEP1で書き出した、夢や目標を実現するためにやるべきことを「行動計画」(STEP2参照)に落とし込もう。ここで重要なのは、目標別にやるべきことを並列に書き、それらの量や流れをひと目で把握できるようにすること。

 「目的ややりたいこと別に色分けしながら手帳のマンスリーページなどに書き込んでいくと、タスクが重なりそうな時期を事前に察知してスケジュールの調整をしたり、スケジュール通りに物事を進めるための事前準備をしたりすることもできます」

 やりたいことや目標にまつわるタスクを月単位のスケジュールに落とし込んだら、あとはそのページを見ながら、日々やるべきことを手帳などに書き出し、順にこなしていけばいい。

「綿密なスケジュールを立てても、すべてを完璧に行うのは無理なこと。まずは8割達成を目標に取り組んでみましょう。やり残したことは翌日以降に持ち越したり、改めて『このタスクは本当にやる必要がある?』と自分に問いかけたりしながら、軌道修正を加えていって」

 池田さんのアドバイスを参考に、今年こそ「自分史上、最高!」の1年を手に入れよう!

3ステップで、ゴールまでの「歩き方」が見えてくる!

1月中にトライ!

STEP1

自分のやりたいことに優先順位をつけ、より具体化しよう
「今年やりたいこと」に対して、それらを実現するためにどんな行動が必要かをノートに書き出して。書いていくうちに、やりたいことに対する思い入れがより強くなると同時に、目標を達成するためにすべき事柄が明確になっていく。その上で、やりたいことに優先順位をつけて、真っ先に取り組むべきことをハッキリさせよう

Point 1

思いついたことは何でも書いてOK!
実現が難しいと思われるような“妄想”じみたことでも、自由にどんどん書き込んでいこう。「自分にとって高すぎるように思える目標や夢でも、書いて意識することで実現に近づきます」(池田さん)

Point 2

内容によって色分けしよう
「仕事の目標」「資格の勉強」など、やりたいことや目標別にカラフルなサインペンなどで色分けして書き出していくと、ワクワク感が高まる上、書き出した内容を頭の中にインプットしやすいのでおすすめ

Point 3

お気に入りのノートがおすすめ
ノートはB5サイズなど大きめのものを選んだほうが書き込み欄が多く、目標やアイデアを一覧化しやすい。ありきたりのノートではなく、お気に入りの上質なノートを使うと、やる気もさらにアップ!

Point 4

時々見直して加筆・修正しよう
月1回はノートを見直し、新たに加えたい項目などを書き込んでいこう。目標に向かって日々行動しているか、やり残しがあるかなどを振り返るいい機会に。「書き出したことの8割できていればOK !」(池田さん)

やりたいことをマップ化する方法も!

イラストなどを加えて楽しく図解してみよう
左は池田さんの「やりたいことマップ」。池田さんのように関連する内容をつなげてマップ化したり、お気に入りのイラストを描いたりしてまとめるのも一つの手。自由に楽しみながら書き出していこう

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ