• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ここまでできる!ライターYの美活15連発(2/5)

2011年9月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
3. ピーナッツバターの代わりにパンプキンシードバター
はちみつと混ぜてパンにペースト

 小さいころから甘いものが大好きで、ピーナッツバターも例外ではなく、ついつい食べ過ぎてしまう私。市販のピーナッツバターは砂糖や脂肪を多く含んでいることがあるので、何か代用品はないかな…と考えていた矢先、“パンプキンシードバター”なる存在を知りました。

 かぼちゃの種をペースト状にしたもので、ミネラルやビタミンが豊富。砂糖は含まれていないので甘くはないのですが、はちみつと混ぜるとアラ不思議!ピーナッツバターのようなフレーバーに…。

 私が愛用しているのは、Omega Nutritionのパンプキンシードバター。こちらは海外商品のため個人輸入で買っています。海外商品を取り扱うショップ(ネット通販)でも購入できるようです。

4. 8時間でヨーグルトを手作り
大活躍のヨーグルトメーカー

 毎朝ミキサーで作る生ジュースは、フルーツにヨーグルトを混ぜることが多いので、我が家はヨーグルトの消費量が自然と多くなりました。

 ならば自分で作ってしまえ!ということで、ヨーグルトメーカーなるものを購入。種菌となるプレーンヨーグルトと牛乳を、1:10くらいの割合で入れて待つこと約8時間。自家製ヨーグルトの出来上がり!種菌や牛乳の種類、発酵時間などによって味や酸味が変わるので、毎回出来上がるのが楽しみです。

5. 手作りの甘酒で夏バテ知らずに
ヨーグルトメーカーで甘酒も!

 そして、もうひとつ夢中になっているのが、甘酒づくり。餅米で作ったお粥と米麹を混ぜ、ヨーグルトメーカーを60度に設定して10時間発酵。みごとに甘~く糖化した甘酒ができあがります。麹菌の神秘!!

 ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミン類が豊富で体への吸収も良いことから、“飲む点滴”と言われて最近注目されている甘酒。江戸時代、厳しい暑さを乗り切る栄養ドリンクとして重宝されていたようです。

 今年の夏は、冷蔵庫で冷やして飲んだり、お料理に使ったり…。お陰で今年は夏バテ知らず。寒くなったら温かいお湯で割ってもいいかもしれません。

6. おやつは原材料に気を配る
ドライフルーツ&干し芋が定番おやつ

 おやつはカロリーを気にするというよりは、何から出来ているのか、原材料に注意して口に入れるようにしています。

 ドライフルーツは、腹持ちが良くて満足感があるので、外出時には小分けにして持ち歩いています。写真手前がキウイの砂糖漬けで、右奥がドライジンジャーの黒糖漬け。ドライマンゴーやドライいちじくなど、砂糖に漬けてないドライフルーツもよく食べます。

 左の細長いヤツは何かといいますと、干し芋です。私の地元・茨城県の特産品で、実家では毎年冬になると、箱買いした干し芋が常備してありました。トースターで軽くあぶってもいいのですが、しっとりしているので、そのままでも十分美味しい!食物繊維やビタミンも多いし、「原材料さつまいも。以上!」という、加工してないシンプルさが好きです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ