• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の“リアル断捨離”ビフォー&アフター

2011年1月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「家にあふれるモノをスッキリさせたい!」という『日経ウーマン』読者7人が
話題の「断捨離」に挑戦。
やましたさんのアドバイスを受けた“ダンシャリアン”たちに
驚きの変化が!

断捨離の先生は
川畑のぶこさん
クラター・コンサルタント
やました ひでこさん
大学在学中に入門したヨガ道場で、心の執着を手放す行法哲学「断行・捨行・離行」に出合う。その考えを基盤に、片付けを通した自己探究のメソッド「断捨離」を提唱。現在は「断捨離セミナー」を全国各地で開催

『新・片づけ術 断捨離』/マガジンハウス/1260円
「家のガラクタを片付けることで、心のガラクタも整理され、人生がご機嫌に」とやましたさんが提唱する断捨離。「片付けで心と体を快方向に導くセンサーが磨かれる」と説 く。15万部超のヒットに

ダンシャリアン1
片岡美佐子さん
(仮名・32歳・ウエディングコーディネーター)東京都、実家暮らし

片岡さんのお悩み
実家暮らし。仕事のお客さんとは自宅のリビングで打ち合わせをすることも。自分の部屋とキッチン、洗面所がモノであふれている。衣類、雑誌、雑貨、食材や調味料が多く、特に仕事で使う雑誌はたまる一方

1週間の断捨離後、男性への価値観が変化!

 「友人が、持ち物の8割を捨てた途端に彼氏ができて結婚したんです。私も断捨離して、今付き合っている彼との結婚を目指します」というのは、フリーランスでウエディングコーディネーターをしている片岡美佐子さん。母と2人暮らしで、リビングなど共有スペースは整然としているものの、5.5畳の自室はモノであふれている。

 特に多いのが靴や化粧品が入っていた空箱や紙袋。部屋にはレンタル用のドレスや資料など、仕事道具も混在している。断捨離中、やましたひでこさんとの往復書簡で「空箱がもったいない=自分軸ではなくモノ軸でとらえている」「似た服ばかり買ってしまう=自分を枠にはめてしまっている」ことを指摘され、箱や服をかなり捨てられた。

 「昔付き合っていた人の写真やラブレター、揚げ句には用意していた婚姻届のコピーまで出てきて(笑)、全部シュレッダーにかけて処分しました。案外、過去に執着していたのかもしれないですね」。ゴミ袋18袋分と雑誌数十冊の断捨離に成功した。

 「断捨離の直後、友人の結婚式で幼なじみと再会したら、男性への価値観が変わった気がします」と心境の変化も。これまで「年上で頼りがいがあり、安定した収入」の男性と付き合ってきた片岡さんだが、断捨離を通して、付き合う相手も「楽しい、安心できる」関係がいいと思うようになったという。

 「持っているモノは自分自身の投影。断捨離はモノを捨てることで、自分の“しこり”やコンプレックスに気付き、そこから自身を解放させるトレーニングです。これで終わりではなく、さらに続けていってほしいですね」(やましたさん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
整理・収納

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    日経ウーマン12月号は「お金が貯まる人の衣・食・住 ぜ~んぶ、見せます!」を大特集。年100万円以上貯蓄している女性たちが、おしゃれで楽しい「貯めワザ」を大公開。さらに「女の5大不安もう怖くない!人生後半に失うお金&もらえるお金」でお金のリスクへの備え方を特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 1月号

    今号の特集は「スーパードクターの健康法」。糖尿病、整形外科、歯科、皮膚科…各分野の名医15人が実践している食事・体・美肌習慣を大特集。元宝塚スターCHIHARU式メイク術の新連載もスタートします!

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「幼児から10代まで 男の子・女の子の性教育」「最新育児グッズの選び方&ベストバイ」「ワーママのヘアスタイル&美髪ケア」「今、保育があぶない」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。「ロックママ大森靖子さん新連載」「子連れで利用しやすい駅、ユーザー視点で評価」「住宅ローンを滞納したらどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版