• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

5分でできる整理・収納術 洋服・小物編(2/4)

2010年9月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Point 1:洋服はゾーン別に分ける

洋服をクローゼットにしまう際は、前ページのように「仕事用」「プライベート用」などシーン別に収納ゾーンを分けること。平日・週末で着る服の区別がない人は、頻度の高い定番服、頻度の低いパーティー、レジャー用の服など着用頻度で分けてみて。シーン別のゾーンを決めたら、その中で「トップス」「ボトムス」などアイテムごとに分類を。また、型崩れの気になる洋服はなるべくハンガーに掛けること。収納ボックスや引き出しにしまうのは、Tシャツやインナーなどに絞って

Point 2:ハンガーは本数・種類を揃える

洋服はしまい場所が一目で分かるよう、基本的にハンガーに掛ける。ハンガーの本数を決めておけば、洋服の量もコントロールでき一石二鳥。写真下の肩幅に合った38cmくらいの木製ハンガー、滑りやすい素材には樹脂製のMAWAハンガー(A)がオススメ

MAWA人体ハンガー6本セット(上) 2100円
(問:All Aboutスタイルストア/03-5447-3440 http://stylestore.allabout.co.jp/

Point 3:ストールはハンギングラックでふんわり収納

ストールなど羽織り物は、ハンギングラック収納(B)がオススメ。すぐに取り出せるし、たたみジワも防げる。幅の狭いハンギングラックなら小さなクローゼットでもOK

オーガナイザー スクッブ W15×D35×H120cm 799円
(問:イケア・ジャパン/047-436-1111)

Point 4:Tシャツ、インナー類はブックエンドで立てた状態をキープ!

Tシャツ、インナー類は、たたんでクリアケース(C)などに収納しよう。ポイントは立てて入れておくこと。重ねてしまうと下にある衣類を活用する機会が減ってしまうから。ブックエンドで挟めば、立った状態をキープできる!

Point 5:シーズンオフの服はたたんでケースへ

服の詰め込みすぎはシワの原因。シーズンオフの服やスポーツウエアはたたんで収納ケースに入れ、押し入れやクローゼットの上か下へ移動。マジックテープ付きの布製収納ケースなら、使わないとき、たたんでしまえてGOOD

WORTHY WORK Seedsシーズストレージボックス リーフホワイトL 2940円
(問:All Aboutスタイルストア/03-5447-3440)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ