• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今、目指したい「透明感のある若さと美しさ」
はつらつとした笑顔でそれを実現

プロフィール
ゆうか
1980年6月27日生まれ、東京都出身。97年、デビュー。第26回日本アカデミー賞新人俳優賞、ほか受賞多数。バラエティー、映画、ドラマ、CMと幅広く活躍。近年の主演ドラマに『本日は大安なり』。現在、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系、月曜20時~)『志村だヨ!』(フジテレビ系、水曜深夜25時10分~)『優香のココロ・カラダ・ゲンキ。』(TOKYO FM、日曜20時~)に出演中。公式サイト

 今、強く思っているのは「好きになれた自分を大事にしたい」ということです。そう思えるようになったのは、昨年、発表した写真集『優香グラビア』がきっかけ。

 17歳でデビューして以来、いつも受け身だった気がします。写真1枚を選ぶのだって、客観的視点で自分以外の誰かが決める。それを感謝しつつも、出来上がったものに対して私自身はそれほど思い入れがなくて……。一方、『優香グラビア』については、食生活の改善やボディメイクまで、真剣に取り組み撮影。すべて心から好きだと思う写真を自分で選び、「見て! 見て!」と自慢したくなるほどでした。

 現在公開中の主演映画『体脂肪計タニタの社員食堂』に「ダイエットの極意は自分を嫌いになることをしない」という印象的なせりふがあります。実は私にも、自分を嫌いになりかけたことがあって。「もっと背が高かったら」「あの人みたいにもっとキレイだったら」と、つい人と自分を比べてネガティブに。そのときの私は、自分に対してまったく自信を持てずにいました。でも今、ポジティブになる原動力は、「好きな自分になる。そのために努力すること」だと、確信を持っていえます。

 基本、私はサボリ屋です。それでも、好きな自分を大事にしたいから、一回一回の食事を失敗したくないと考え始め、食べる量も自然と減りました。「体は冷やさないほうがいい」「血液をサラサラに」など、大切なポイントを頭の中に入れておいて、自分に合う健康法を取り入れています。そんな毎日は、とてもすがすがしいものです。

写真/石倉和夫
取材・文/なかおちぐさ

編集部からのお知らせ

Topics

新着情報

12月17日更新

新着情報の一覧を見る

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ