• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

絶対に失敗しない「サングラスデビュー」のポイント!

2015年7月18日

眩しい日差しもサングラスでカバーしながらオシャレに仕上げましょ☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 強い陽射しをブロックするサングラスは夏の必需品。でも、まだサングラスを操り慣れないという女性は多い。顔のほぼ中央部に位置するだけに、サングラスはおしゃれのムードメーカーになってくれる。うまく味方につければ、いくつものキャラクターを演じ分けられるから、この夏こそサングラス使いの腕を上げていきたい。今回はサングラスのタイプ別にスタイリングのコツをおさえていこう。

◆キャッツアイ

 猫の目のように目尻側が切れ上がったキャッツアイ形。こちらのように縦にしっかり厚みがあるタイプであれば、細目ほどにはコーディネートに苦労せずに済む。両端がわずかに切れ上がっている分、フェイスラインが引き締まって映る。ネイビーのミニワンピースで合わせて、シャープな着姿にまとめ上げている。ダーク系のトーンでそろえて、サングラスとのなじみをよくした。ブルーのクラッチバッグが差し色的に効いている。深い色のサングラスを使う場合は、こういった濃淡のコントラストを意識したい。

◆ミラー

 レンズがメタリックにつやめくミラータイプは、マニッシュでワイルドな表情を生む。いかつく見えそうだと敬遠する女性が少なくないが、操り方次第でゴツさはやわらぐ。黒革ジャケットやジーンズといった、バイカー気分を増幅するアイテムは相性がよいが、やりすぎは禁物。むしろワンピースやスカートなどのフェミニン系ウエアと引き合わせるのが、うまく着地させるコツだ。花びらの立体モチーフをあしらった純白のミニ丈ワンピースとのマッチングで、ミラーサングラスのハード感を帳消しにした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ