• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

肌老化の原因は“間違いだらけの朝洗顔”(2/2)

2014年4月9日

この春からの新習慣「朝の泡洗顔をやめてみる!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ポイント1
“たっぷり泡”は必須ではない

 テレビのコマーシャルで見かけるような、モコモコと泡だたせての洗顔は、いかにも「洗った!」という感覚が得られそうですが、美容皮膚科医として申し上げますと、「脱脂のし過ぎ」、つまり、皮脂の取り過ぎです。過度な洗顔をすると、肌の潤いを保つために欠かせない「天然保湿因子NMF」と「角質細胞間脂質」が溶け出して各層機能が落ち、ドライスキンになってしまいます。

 そもそも、モコモコと綿菓子のように泡が立つのはアルカリ性の洗浄成分が大半なのですが、弱酸性のお肌にとっては負担になります。肌がアルカリ性に傾くと、「ラメラ構造」と呼ばれる肌内部の水分を保つ機能が乱れることがわかっています。また、アクネ菌や黄色ブドウ球菌など、ニキビや肌荒れの原因になる“悪玉菌”が住みやすい環境にも。

 一度アルカリ性に傾くと、肌は必死に弱酸性に戻そうとしますから、余計なエネルギーを使わせてしまうことになるんですね。肌からすると、非常に非効率です。

 ですから、私は「弱酸性」とうたった洗顔料の使用をおすすめしています。弱酸性の洗顔料で立つ泡は、ちょっと頼りないと感じることが多いかもしれませんが、汚れを取るのには十分です。

肌がアルカリ性に傾くと、肌の「保水力」「バリア力」が弱まる!
角質層の隙間に水分を保持するのに重要な役割を担っているのが角質細胞間脂質といわれるもの。弱酸性の健康な肌では、この脂質の層が水分子の層と交互に規則正しく重なり合い「ラメラ構造」と呼ばれる層を形成し、水分を保っている。
肌がアルカリ性に傾くと、ラメラ構造がバラバラになり、水分保持機能が低下、洗顔後、乾くと皮膚がつっぱったり、かさついたりする。
画像提供=ロート製薬。

 商品パッケージに「弱酸性」または「アミノ酸系」と書かれている洗顔料を選べばOKです。

ポイント2
こすらない

 肌のエイジングの大敵は「摩擦」です。

 しかし、皮肉なことに、毎日のスキンケアやメイクの時に、ご自身の手による摩擦で肌を老けさせてしまっている方はとても多いんです。

 特に洗顔時は、肌が濡れてナイーブな状態ですので、ゴシゴシと力を入れてこするのは絶対NG! 時間がないからと、洗濯板のように肌表面で洗顔料を直接泡立てるなんてもってのほかです。ミルクタイプなど泡立たせないタイプの洗顔料を使う場合も、量をケチらないようにしましょうね。

 すすいだ後に、タオルで水気を拭く時は、ポンポンと軽くタオルを肌に当てるようにしてやさしいタッチでお願いします。

ヘアレスラットの皮膚を界面活性剤をしみ込ませた脱脂綿でこするという実験で、こすり回数別の処理を2週間行った後、リボフラビン量(外から中に入る異物の量)とTEWL値(肌の中から出ていく水分量)を測定したところ、こすり回数が増えるに従い両者の値が上昇していることが分かった。
(データ:日皮会誌:110(13)、2115-2122、2000(平12)「皮膚洗浄方法の角層バリア機能に及ぼす影響について」より)

ポイント3
お湯は37度以下で

 寒い時期などは特に熱めのお湯で洗いがちですが、体温より高い温度のお湯は皮脂の取り過ぎや、肌の潤いを保つセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子NMFの流出を招き、乾燥の原因になります。

 お湯で洗う場合は、ぬるいと感じる程度、高くても37度は超えない温度を心がけてください。

*    *    *    *    *    *

 以上、3つのポイントを挙げましたが、重ねて強調したいのは、「洗い過ぎはトラブルのもと」ということです。

 実際、乾燥やくすみ、赤ら顔などのトラブルでいらっしゃった患者さんに、洗顔の見直しを実践していただくと、びっくりするくらい調子が良くなる方が多くいます!

 もちろん、ニキビ肌や皮脂過多な方は、朝晩2回の洗顔が適切だと思いますが、そうではなく「ちゃんとケアをしているはずなのに乾燥する」という方は、洗顔法に原因がある可能性大です。

 この春からの新習慣として、「朝の泡洗顔抜き」を始めてみるのもいいかもしれませんよ。

NG
顔の上でゴシゴシ泡出て、こすり洗い。
OK
ほどよい泡立ちで、やさしく洗っている様子 傍には「弱酸性」と書かれた洗顔料。
★「洗顔」の方法について補足説明 ★
>
 4月9日(「肌老化の原因は“間違いだらけの朝洗顔”」)と4月23日(「正しい「夜洗顔」で美肌になる!」)公開の当コラムでお伝えした「洗顔」のお話、大反響をいただき、ありがとうございます!
 「乾燥しやすい肌は泡洗顔をやめていい」というメッセージをお伝えしましたが、 一点、注意を補足させてください。
 「泡洗顔をしないスキンケア」は明らかな脂性肌やニキビ症の方には向きません。あくまで、乾燥しがちな肌の方に向くと考えてくださいね。
 おでこや鼻周りなど部分的にベタつく方は、Tゾーンだけ泡で洗うのもお薦めです。
 自分の肌に合ったスキンケアを目指しましょう。(2014年5月26日)

文=宮本恵理子、写真=稲垣純也、イラスト=井上明香

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小柳衣吏子
小栁衣吏子(こやなぎ・えりこ)
アオハルクリニック院長
1972年福岡県生まれ。98年、順天堂大学医学部卒業後、同大学病院勤務などを経て、2011年よりアオハルクリニック院長。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会専門医。 アオハルクリニックHP:http://www.aohalclinic.jp/ ブログ:http://ameblo.jp/aohal-koyanagi/
関連キーワードから記事を探す
スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    特集「1000万円貯まる!生活、始めよう」。好きなことにお金を使いつつ、しっかり貯蓄している人と貯められない人の違いとは。プロも実践する500円玉貯金術ほか貯まるワザ満載。第二特集「『0円』で英語が話せる」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    「ほぐす&伸ばす」が若見えの最短ルールだった!「老けないカラダは柔らかさが100%」を大特集。さらに、68ページの特別冊子付録「筋膜リリース完全ガイド」付き。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊」と「ダイバーシティ時代の夫婦の幸せキャリア計画」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「初めての塾通い 知っておきたい防犯対策」「ダイアモンド✡ユカイ 無精子症を乗り越えて」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ