この連載では「7つの習慣」を研修などで教える立場にある、あるいは、研修を受けたことがあるなど、いろいろな意味で「7つの習慣」を身近に触れ、その大切さを実感している8人のワーキングウーマンをご紹介しています。彼女たちの体験を通じて『7つの習慣』のエッセンスを学んでみましょう。

 スティーブン・R・コヴィー氏が説く「7つの習慣」とは?

第1の習慣 「主体的である」
 …自分を変えようと常に意識する

第2の習慣 「終わりを思い描くことから始める」
 …なりたい自分を想像してから始める

第3の習慣 「最優先事項を優先する」
 …重要なことを後回しにしない

第4の習慣 「Win-Winを考える」
 …自分も相手も幸せな方法を探す

第5の習慣 「まず理解に徹し、そして理解される」
 …相手のことを心から理解する

第6の習慣 「シナジーを創り出す」
 …対立は成果への第一歩だと考える

第7の習慣 「刃を研ぐ」
 …肉体や精神を日々磨く

 連載第2回目のテーマは第1の習慣である「主体的である」。私たちは、嫌なことがあると、つい他人やまわりの環境のせいにしてしまいがち。仕事のミスも、恋人にフラれるのも、他人のせい、周りのせい。けれども、「そもそも他人や環境を思い通りに変えることはできない。変えられるのはただひとつ、自分自身だけ」だとコヴィー氏は説きます。つまり、自分の行動を自分の選択によって決めることで、人は自分の人生を生きることができるのです。さて、今回の体験者にはどんな変化が訪れたのでしょうか?