• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今日から作れる!トレンドレシピ

秋を満喫! キノコたっぷり簡単レシピ(3/6)

2013年10月9日

キノコがおいしい季節にぴったり! 脱マンネリ料理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

カリカリベーコンときのこの和風パスタ

材料(2人分)

オリーブオイル…大さじ2
パスタ…140g(1人分70g)
ベーコン…2枚(自分の好きな量で)
椎茸…3個
シメジ…1袋
にんにく…1かけ
醤油…大1と1/2
コンソメ…小さじ2
パスタのゆで汁…カップ1/2

作り方

1.パスタをゆでるために鍋でお湯を沸かす。そこに塩を多めにいれる。沸いたらパスタを入れて、菜箸でパスタをほぐすように全体を混ぜる。そして、表示時間より1分半~2分短めに茹でる。この時に、パスタのゆで汁を取り置きしておくこと。ゆであがったらザルにあげておく。

2.茹でている間に、下準備する。ベーコンは短冊型にカットし、しめじは石垣をカットしておく。椎茸は適当な大きさにスライス。にんにくは、皮をむいて薄くスライス。

3.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、火加減を弱火にし、ニンニクを入れてオリーブオイルにニンニクの香りを移すためじっくりローストする。弱火でじっくりとこんがりきつね色になるまで揚げ焼きにする。

4.ニンニクが色づいたら、フライパンの位置を戻し火を中火の弱にする。そこにカットしたベーコンを入れてカリカリに焼く。そして、しめじと椎茸をいれると火を強火に戻してしんなりするまで炒める。

5.一度、火を弱火にして白ワインを入れる。火を強火に戻してアルコールを飛ばす。そして、パスタのゆで汁カップ1/2をいれて、フライパンを揺すって全体を混ぜ合わせ、火を止める。

6.ゆであがったパスタを入れ、具とよく混ぜ合わせて塩コショウ、コンソメ、しょうゆ大さじ1/2を入れて味を調えたら完成!

ワンポイントアドバイス

パスタのゆで時間がポイント。手間取ってしまってパスタが伸びてしまった場合は、パスタのゆで時間を調節してください。因みに、綺羅は7分30秒茹でています。そうするとちょうど良い硬さになりますよ。また、白ワインのアルコールが飛び跳ねて危ないので注意してください。


レシピ作成/綺羅

そのほかのレシピはこちらから
さいばし日記

綺羅さんの人気レシピ

きのことチキンのトマトソース煮込み
ドライカレーでマイ・フェア・レディ
ベーコンとキャベツにパスタ

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ