• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

男の「本当の好き」を見分ける方法2

2013年10月2日

「彼は私のこと、好きなの? 好きじゃないの?」、その見極め方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の登場人物はこちら

以前このコラムで掲載した「男の『本当の好き』を見分ける方法」が非常によく読まれています。それを受けて、第2弾を企画しました。――「まだ付き合っていないけど、何回か二人きりで飲みに行ったり、映画に行ったりなどデートをしている男性がいる。けれどいい感じの雰囲気のはずなのに、その先に進展しない。彼は私のこと、好きなの? 好きじゃないの?」。そんなふうに悩んでいる女性は多いですが、はたしてその時の男性の心理とは?

博士 これは、とてもよくあるケースです。ある男性からやさしくされたり、デートに誘われたりというアプローチを受けていたけれど、彼は付き合おうと言ってこない。そればかりじゃなく、最近、向こうから誘われなくなったし、メールも私から送れば返事は来るけど、向こうから送られてくることはない。いったいどういうこと? 彼は私のこと、本気じゃなかったってこと? と。

 なぜこういうことが起こるのか。男性の多くは、ある女性を落とそうと狙っているときには自分からアプローチをします。例えば、マメにメールを送る、面白い話をして女性を喜ばせる、やさしくする、「この本面白いから読んでみて」と渡す、デートに誘う……などです。落とそうと狙っているときの男性は、相手の女性に対して本気とか本気じゃないとかの深い考えはなく、本能的にアプローチしているわけです。そして、男性からのアプローチを受けて、女性はだんだん本気になっていきます。

 一方で男性は、「彼女は俺のこと、好きみたいだ」とわかった瞬間、その女性と付き合うことのデメリットやリスクを考えるようになります。最初は男性からアプローチしていたにもかかわらず、彼女が本気になることで「手に入った距離」になるため、突然「俺は、これを手に入れる価値があるのだろうか。手に入れたときのリスクはないだろうか」と思い始めるわけです。アプローチが、ある段階で止まったのは、「それ以上先に進むとリスクが高い」か「それ以上先に進むだけの価値がその女性にない」と男性が思ったからです。

 けれど女性のほうが「彼は私のこと、好きじゃないんだ」と思ってメールを送るのをやめるなど距離を置くと、また男性からメールが届くようになったりします。けれどやっぱり、付き合おうとはならず、「彼は私のこと、どう思っているんだろう」という状態が続くわけです。

サチエ これって、本気じゃなく遊びってことですか?

博士 「本気で好き」「ただの遊び」のように1か0で考えると、男の心理は理解できません。そうではなく、男の「好き」には、段階があるのです。具体的には「5つの段階がある」と思ってください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版