• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

えー!憲法が変わるんですか!?

2013年5月16日

「1票の格差」の行方は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経新聞の女性記者K女史とイラストレーターのカツヤマさんの掛け合いを読んでいくうちに、「知っているようでやっぱり知らない“日本のしくみ”」がどんどん分かるようになるこのコーナー。今回のテーマは、「憲法改正」そして「1票の格差問題」です。

K女史:あら、安倍首相は、国民栄誉賞をとった元巨人監督の長嶋さんや大リーグのヤンキーズで活躍した松井さんとかと一緒に夕食をしたのね。

カツヤマ:新聞にそんなこと、書いてありましたっけ?

K女史:ここ、ココ。日経新聞朝刊の「首相官邸」という、首相が何時にどこに行ったか、とか、誰に会ったか、ということが書いてあるメモみたいな記事。5月8日の首相の一日に、「▽18時37分 公邸で国民栄誉賞を受賞した長嶋茂雄氏と松井秀喜氏。渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長、大久保好男日本テレビ社長、菅官房長官らが同席」とあるわ。

カツヤマ:いやはや、首相の行動って、ガラス張りというか、プライバシーとかないんですね。それに、結構、忙しい! 土日とかも、海外に行ったかと思ったら、福島に出没。選挙の応援演説してると思ったら、ももクロと「Zポーズ」とってたりして…。

K女史:そうなのよ…。平日は国会審議で身動きが取れない上に、週末の過密スケジュールで安倍首相が疲れはしないか? 倒れたら大変! ――と、心配する声も出てきているわね。

カツヤマ:カブを持ち上げて、「カブ(株)が上がります」とかいうパフォーマンスもありましたね。

K女史:あった、あった。小渕さんが首相のときに同じことをやって、その後株価が上がったからね。あれは、1998年だったわ。

カツヤマ:小渕さんの時と同様、今も株価はあがってるし、トヨタ自動車とかの決算もいいと聞くし、なんか明るい気分。安倍首相には、元気で、もうちょっと長く仕事をしてほしい感じですね。

K女史:安倍首相自身も、その気持ちが強いんじゃないかしら。だって、成し遂げたいことが、まだ残っていますからね。

カツヤマ:えっ?! 安倍首相は、「景気回復」「デフレ脱却」「物価上げる」とかいうのを、やりたかったんじゃあ…?

K女史:これまでの「アベノミクス」についての話をよく覚えていて、good! デフレ脱却はもちろんのことだけど、安倍首相の最大の政治目標は「憲法改正」なのよ。これは、安倍首相が最初に首相になった2007年当時にも意欲を示していたくらいだから、すっごくやりたいことなのよ。

カツヤマ:ケンポウカイセイ?! なんか、急に遠くのことというか、全然今まで考えたこともなかったわ。そもそも、憲法っていう言葉自体、中学校? 高校? の時以来、あんまり聞いたこともないし…。

K女史: 憲法改正は今、ホットなのよ。トレンディ―というか、ナウいというか…。

カツヤマ:かなり死語な感じで、かえって、古く感じるんですが…。

K女史:失礼。でも、憲法改正は、今夏の参院選の争点になること、間違いなしよ。

カツヤマ:それで、憲法の何を、どう改正したいんですか? 安倍首相は?

K女史:二段構えで考えていて、まずは憲法を改正するときの手続きのハードルを下げようとしているのね。最終的には、「戦争をしません! 軍隊を持ちません!」と定めた憲法9条を改正するのが目的よ。

カツヤマ:えっ?! 日本が戦争できるようにするんですか?


★日経ウーマンオンラインに関する簡単なアンケートにご協力ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
木村恭子・カツヤマケイコ
木村恭子(右)
日本経済新聞社編集局英文編集部デスク
福島県生まれ。津田塾大学卒業後、読売新聞東京本社記者、外資系通信社記者を経て2007年春から現職。修士(筑波大大学院)。早稲田大学大学院非常勤講師。共著に『英語で読む日本経済新聞社説』ほか。

カツヤマケイコ(左)
イラストレーター
京都府生まれ。某百貨店の宣伝制作部に5年間勤めたのち、フリーランスのイラストレーターに。女性誌や実用書などで活躍中。著書に『京都タワーで朝風呂を』、『ネット通販で!お買い物上手になりました。』がある。 http://www.keicomix.com/
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    特集:「部屋を片づけると勝手にお金が貯まる!7つの理由」大公開!年100万円貯めてる人の財布・冷蔵庫・クローゼット 特別付録:書くだけで貯め上手になる!マネー手帳 2018上半期

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 12月号

    特集 ご飯OK!油OK!賢く食べて体脂肪オフ 「ラクにやせる 糖質・脂質 とり方の正解!」リバウント知らず、一生太らない!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 11月号

    「日経DUAL」11月号は「地頭がいい子を育てる暮らし方」「DUAL独自調査!家事代行サービスランキング」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「中田敦彦 ユーチューバーの活躍に危機感があるから」「魔裟斗 最初は子どもなんて欲しくなかった」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ