• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

結婚への焦りを女子会で解決してはダメ

2012年6月27日

34歳までなら「結婚したたか戦略」で焦りをコントロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の課題図書と登場人物はこちら

――今回の参考図書は、『GINGER』の2012年7月号。「28.5才からの『結婚できる法則』」特集です。そろそろ結婚しないとまずいかもと焦り始めるターニングポイントを28.5歳と位置付け、結婚するために今何をするべきかを考える特集です。結婚を引き寄せるためのいろいろなヒントを考えていきます。

ミホ 今回の特集に「25才~35才の独身街道イメトレ年表」という記事がありますよね。この記事って“結婚の焦り解消法”ですよね?たとえば、30歳で周囲からの「結婚は?」という尋問で焦りがピークになったときには、「『するに決まってるでしょ』と強気で結婚に前向きな姿勢をアピールしよう」とか。

マキ 確かに30歳前後って、お正月とかに親族が集まる席に行くのがしんどくなる時期。結婚していない人に「そろそろ結婚しないの?」と集中砲火を浴びせられちゃいますから。

博士 実は、焦りや不安は結婚のモチベーションを上げるためにとても大切なんです。

周りがどんどん結婚して自分が取り残される気がしたり、仕事がうまくいかなくなったりしたときに女性は不安になります。するとその不安が、女性に幸せや安定を求めさせ、「結婚しなきゃ」という気持ちを駆り立てます。

今は「20代のうちには結婚しなきゃ」といった適齢期の概念がずいぶんゆるくなっていますよね。だからこそ、この手の不安はある意味、とても重要です。

サチエ 私は今年で30歳になることもあり、焦り始めました。今すぐ結婚して子どもを産んだとしても、子どもが20歳になるときに私は50歳と逆算して考えたら、そろそろ結婚したほうがいいのかなって。

でも、どんなふうに動けばいいのかわからない。積極的に結婚に向けて動けていないことが不安です。

博士 不安になるのは悪いことじゃないんですよ。「このままじゃいけない」と答えを探し始めますからね。ただしその答えが「女子会で友達とわいわい遊ぶのって、すごく楽しい。シングル生活も悪くない」となって、結婚についての不安や焦りを乗り越えてしまうと、自分を高く売れる婚期を逃してしまうことになりかねないんです。

サチエ 結婚しなきゃと焦り始めた時期に習い事にハマるのも、よくないんでしょうか。独身女性の先輩がチーズとワインにハマってるんですが、結婚している妹に「私も習ってみようかな」と言ったら、「お姉ちゃん、ハマっちゃだめだよ」と言われたらしく……。

博士 どっぷりハマるのはまずいですよね。もちろん、独身男性に出会うための場として教室に通うならありですよ。

ミホ 出会いのために習い事に通うんですか!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

Facebookでシェア

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 5月号

    日経ウーマン5月号は「人を動かす!伝え方」を大特集。仕事がはかどる、ストレスが減る…今日から使える最新のコミュニケーション術をご紹介します。さらに、「Tポイント、Ponta…ポイントをお得に貯めるワザ」も特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    好きなものを好きなだけ食べたい、でも太りたくはない…そう思っている人は多いのではないでしょうか。今号は、ガマンや無理をしなくても、太らない〝魔法のような食べ方″を大特集。専門家が提案する賢い食べ方を取り入れて、一生太らない体を目指しましょう!

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 4月号

    「日経DUAL」4月号は、「夕飯ラクラク大作戦」「GWの遊園地、水族館、動物園、工場」「月10万円積み立てで変わる将来」「塾だけじゃない!新しい放課後の過ごし方」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。藤田晋さんインタビュー、トヨタ式片付け&子育てなど注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版