• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

顔型チェック!あなたの“老け顔”パターン

2012年4月13日

シワ・たるみの種類が分かる!顔型チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさん、はじめまして。鳴海えなと申します。この連載で、なりたい顔の作り方について色々とお話していこうと思っていますが、まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。

 私は、社会人1年目から20年間エステ業界で働いてきました。しかし、その20年もの間ずっと疑問に思っていたのが、女性の顔悩みに多い「シワ」と「たるみ」の効果的な解消法がないことです。

 そこで、「シワ」「たるみ」を解決するサロンを作りたい!と思い、“フェイススタジオ ミッショナリー”を始めたのが今から約6年前。今では全国で延べ13万人の方に、通っていただくまでになりました。

 この連載では、ミッショナリーで提供している、なりたい顔に近づくための基礎知識や簡単なメソッドを分かりやすく紹介したいと思っています。

ほうれい線、目元のシワ、フェイスラインは“老け顔”三大要因

 さて、アラサー世代の読者のみなさんは、シワ・たるみの悩みなんて40~50代の悩みだと思っていませんか? 実は、20代後半~30代から予防しておかないと、“老け顔”はあっという間にやってきます。

 ミッショナリーに通っている女性の悩みで最も多いのが、「シワ」と「たるみ」。中でも、1位ほうれい線 2位目元のシワ 3位フェイスライン の順にみなさんお悩みのようです。

 これら3つは、実は“老け顔”をつくる3大原因でもあります。 “老け顔”への道を断つには、まず「シワ・たるみ」ができるメカニズムを知って、若いうちから予防することが最も大切なのです。

 全身の筋肉と同様に、表情筋も年齢と共に衰えが始まります。顔の筋肉の衰えとは、筋肉が硬く縮むことが原因。顔の筋肉は普段使っていないと、肩の凝りと同じように、凝り硬まってきます。筋肉が硬く縮むと、筋肉のそばを流れる血管を圧迫して血の巡りが悪くなります。その結果、肌が栄養不足になって肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れたり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成能力が弱り、肌老化が起こってしまうのです。

 この状態では、お肌を支える土台は弱くなる一方。お肌は重力に逆らうことが出来なくなり、結果的に「シワ」や「たるみ」を作ってしまいます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鳴海えな
鳴海えな(なるみ・えな)
1973年1月生まれ。共立女子短期大学卒業後、エステ専門学校・滝川エステティック学院に就職。25歳でCIDESCO免許を取得後、フリーのエステティシャンとして活動。現在は、フェイスワークスタジオ「ミッショナリー」で、“シワ・たるみの予防解消”を中心としたサービス・商品開発を行い、述べ16万人の女性に表情筋トレーニングを提供している。テレビや雑誌など各メディアで活躍中。
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ