• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

イケメン仏師に教わる♪お地蔵さんぽ

2012年4月5日

お地蔵さんが菩薩さまだってこと、知ってました?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 各地の桜の開花のニュースが気になる季節がやってきました。春の陽射しに誘われて、お散歩に出掛けたくなるシーズン到来です。お散歩をしていると、ふと小さなお地蔵さんに出逢うことはありませんか? にっこりと微笑んでいるようにも見えるお地蔵さんを見ていると、なんだか癒されますよね。

 今回から数回にわたって、お地蔵さんのめぐり方、楽しみ方をご紹介したいと思います。

 そもそも、お地蔵さんって何なのでしょうか。前回もご登場いただいた、若き仏師、吉水快聞さんに再びお話をお聞きしました。

吉田:ご無沙汰しております。今日はどうぞ、よろしくお願いいたします。吉水さんは、仏像彫刻家であり、奈良のお寺の副住職さんでもいらっしゃいますよね。 今回は、お地蔵さんについて、話をお伺いできればと思っております。

 私は仕事柄、取材出張で全国を旅する機会が多いのですが、気を付けて見ていると、結構、あちこちでお地蔵さんを発見します。お寺はもちろんのこと、繁華街にいらしたり、道端だったり、ひっそりと山の中にいらしたり……。様々な場所に出没している気がするのですが(笑)、そもそも、お地蔵さんって何なのでしょう。

吉水さん(以下、敬称略):お地蔵さんは、地蔵菩薩という菩薩さまなんですよ。

東京芸術大学大学院卒の若き仏像彫刻家で、浄土宗の僧侶でもある吉水快聞さん

吉田:え! 菩薩さまなんですか!……ということは結構エライ……?
 

吉水:そうですね。仏像のグループは大きく4グループに分けることができます。つまり「天」「菩薩」「明王」「如来」です。菩薩というのは、すでに如来に一番近い位にあり一切の人々を救うためのいくつかの誓願(誓い)を立てて如来になるために修行をしている身です。特にお地蔵さんは、お釈迦様が入滅されてから、弥勒菩薩が如来になるまでの仏様のいない56億7千万年の間、六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)を行き来して、六道輪廻する人々を救ってくださっています。

吉田:六道を行き来・・・お地蔵さんってお忙しい……!

吉水:そうですね(笑)。この「六道を行き来する」というお地蔵さんのイメージが旅人と重なり、様々な場所でお地蔵さんが祀られたんじゃないでしょうか。いろんな所でお地蔵さんに遭遇するのはそのためかもしれません。

 実はお地蔵さんはいろんな信仰が習合していてとても複雑なのです。「地蔵」とは、サンスクリット語で「大地の力を内に宿す」という意味があります。命の根源である大地のような仏様なんですね。山などで見られるお地蔵さんはもしかしたら、この大地の力の仏と日本の自然信仰(山岳信仰)とが習合したりしたんじゃないでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
吉田明乎
吉田明乎(よしだ・あきこ)
1973年生まれ。日経ウーマンなどの女性誌を中心に執筆するフリーライター。神社仏閣巡りが趣味。『こころ安らぐ「仏教女子」入門』(洋泉社)に共著者として参加。執筆のために高野山に取材に行き、すっかり空海ファンになった。
関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルスライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ