• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

食のトレンド発掘隊

塩麹と並ぶ人気!「酵素ジュース」の作り方

2012年2月16日

酵素たっぷり!果物&野菜ジュース。人気商品も紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 いま女性の間で話題になっている“酵素ジュース”。酵素は、野菜や果物など、いろいろな食物にもともと含まれているものだが、これを濃縮させた「酵素原液」などをドリンクなどに加えることで、積極的に“酵素”を毎日摂取しようとする女子が増えているのだ。目的は、美容や健康のため、さらにはダイエットのため。近年は“酵素パック”なども人気で、“酵素できれいになる”という新発想が注目されている。

 今回は自宅で簡単にできる作り方や、ネット通販などで売れている酵素たっぷりジュースなどを紹介しよう(※酵素ジュースの効果には個人差があります)

いろいろな野菜や果物に含まれている「酵素」。酵素を積極的に摂取しようとする女性が急増している。
最近は単なる野菜や果物のジュースではなく、それに“酵素”を加えたオリジナルジュースを毎朝飲んでいる人もいる。

 まずは酵素ジュースを自宅で作ってみよう! 果物などをミキサーにかけてジュースにしても、もちろん酵素は摂取できるが、最近流行っているのは、濃縮させた酵素原液などを独自に野菜ジュースなどに加えるやり方だ。

 野菜などに自然に含まれている酵素を、自宅で手作りで“発酵”させ、非加熱の“酵素原液”を作るという方法だ。本来は大きな樽などを用いて、梅干のようにまとめて作るらしいが、働き女子にはそういう方法では難しいだろう。ということで、今回は忙しい人でも簡単に作れる方法を紹介する。

 まず用意するのは、リンゴやキウイ、レモンなどの果物。基本的には好みの果物でいいが、新鮮なものはそのまま食べても十分においしいので、できれば飾りとして料理に付けたレモンや、ちょっと古くなったリンゴなど、ロスとなる食材をうまく活用したい。あとは食物繊維を豊富に含むてんさい糖を用意する。

 次に、果物をできるだけ皮のついたまま小さめに均等に切る。小さく切るほど、発酵は早まる。そこに、ほぼ同量のてんさい糖をかけて混ぜる。あとはそれを瓶に詰めて蓋をして、発酵を待てばいい。

右はすりおろした皮付きリンゴ。左はカットしたレモンとキウイ。どちらもてんさい糖をかけて常温で2日目のもの。表面に小さい泡が出てきたところだ。

 中には発酵を促すために酵素粉末や酵素原液を加える人もいるとも聞くが、基本的には“常在菌”で自然に発酵させるのだという(特別に何かを加えることをしない)。冬場なら常温保存で、2日目くらいで表面に白い泡が出てきて発酵が始まる。まんべんなく発酵するように毎日1回かき混ぜて、1週間くらいおいて果物がなじんできたら、裏ごししてエキスだけを取り出す。これが「酵素原液」だ。

これが果物を発酵させた酵素のエキス。これを野菜ジュースなどに加えて毎日飲むのが今風のスタイル。

 その後は冷蔵保存して、毎日、朝ジュースなどに少量加えて飲み続ける。発酵の進み具合にもよるが、1カ月以内には飲みきりたい。発酵しすぎると酸っぱいにおいがしてきて、お酒のようになってしまったり、ひどい時はカビが生えてくることもあるので要注意。また発酵時の気温によっても発酵具合がかなり違うので、自分の目や鼻で確認しながら作ろう!

 さて次は、「自宅で酵素エキスを手作りするのは面倒!」という方に、ネット通販で人気の酵素ドリンクをご紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    日経ウーマン6月号は「毎日がうまくいくダンドリ&整理術」を大特集。仕事がラクになる、お金が貯まる…今日から使える時間管理の究極ワザをご紹介します。さらに「お疲れ回復は目のケアが9割!」ですぐにできるケアや眼トレを特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    好きなものを好きなだけ食べたい、でも太りたくはない…そう思っている人は多いのではないでしょうか。今号は、ガマンや無理をしなくても、太らない〝魔法のような食べ方″を大特集。専門家が提案する賢い食べ方を取り入れて、一生太らない体を目指しましょう!

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「公立中高一貫校の今」「わが子の気になる発達問題」「共働き家電ベスト5」「スゴ腕人事に公開相談!」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。みなみ佳菜さんの「復帰後ファッション術」、駒崎弘樹さんの「子どもの貧困を考える」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版