• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

絶対やる価値のある仕事は朝イチに!

2012年1月26日

先送り癖を全て解消できる「ファースト・タスク」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 やる価値はたしかにある。あるいはやる必要はたしかにある。そういう仕事、あるいは語学学習などを、毎日のように先送りにし、何ヶ月、時には何年も放置したままになっているという人が少なくありません。このうんざりするような難問を確実に解決する方法をご紹介しましょう。「ファースト・タスク」というやり方です。

●朝イチでやるファストタスクってなに?

 「ファースト・タスク」を提唱しているのは『マニャーナの法則』(ディスカヴァー)の著者マーク・フォースターです。想像したくもないクレームへの返信や、ずっと放置しているプログラミングの教科書など、「やった方がいいけれど手がつけられない」作業というものはたくさんあります。

 マーク・フォースターはそれらチャレンジングな仕事が先に進まない理由として「やらないから」と簡単に述べます。

たとえば、ドクターの卵たちが、論文が書けないと言って、私のところによくコーチングを受けに来ます。どのくらい前から書いていないのかと尋ねると、何週間や何ヶ月、ひどい学生になると、何年も書いていません。私は「何もしないからだよ」と言って、「簡単なことでいいから、毎日、論文を書くために何かしてみては?」とアドバイスしますが、それで問題はだいたい解決しているようです。

 たったこれだけのことですが、「先に進まないのは、やらないから」なのです。やる気がしない、見通しが立たない、あまりにも大変すぎるなど、手のつけられない深遠な理由はたくさんありますが、それに対抗する深遠な解決策は「やる」ことなのです。5分でも、それが無理だというのであれば3分でもいいから、やってみることです。

 たしかに30分や1時間の時間を確保するとなると、毎日は難しいかもしれません。しかし3分も確保できないような日は、まずないでしょう。もしその日に海外旅行へ出かけるとしても、3分ならできます。つまり、毎日3分だけ手がけるということであれば、「例外的に手のつけられない日」がほぼなくなるのです。

 ところで「ファースト・タスク」は絶対に朝起きた直後に設けるべき時間帯です。その理由は「他の行動の後」という状況に左右されないからです。メールをチェックしてしまえば、新しい仕事がはいってきていることに気づいてしまいます。Twitterをのぞいてしまえば、返信したくなるでしょう。書類整理をはじめてしまえば、未処理の書類が目に飛び込んでくる恐れがあります。

 まだ何も思い出していない、したがってまだ何をやる必要も感じていない状態で、とにかく手をつけてしまうこと。それがファースト・タスクなのです。

●精神力をメールチェックで浪費しない

 ファースト・タスクに朝の最初に手がけるべき理由は他にもあります。体力よりも精神力を使うような仕事は特に、精神力がもっとも豊富に使うことのできる朝の一番最初に取り組むべきなのです。

 目を使えば精神力は消費します。文章を読めば、それがどれほど簡単な文章でも、やはり精神力は使います。人と会話すれば精神力を使いますし、パソコンやiPhoneの操作にも精神力を使います。

 起きて活動を始めてしまえば、精神力は消費する一方です。これを回復するには睡眠が必要なので、昼寝をする人であっても、午後になるまで精神力はやはり減る一方なのです。

 朝起きた直後よりも精神力が豊富に残っている時間帯はありません。

 したがって朝起きた直後にTwitterやミクシィやメールチェックで精神力を浪費している場合ではありません。その後なら仕事に取り組む気力がわいてくるだろうと思うのは間違いです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
お仕事術PC・スマホ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 5月号

    「時間のムダが9割減る ノート術&文具 神ワザ100」を大特集。ルーズリーフに書くだけでお金が貯まる家計ノート、コクヨ式・ミスゼロノート術など、書くだけで「なりたい自分」を手に入れるアイデアが満載。さらに「お仕事服は“制服化”でラクになる」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 5月号

    太りたくない、やせたい、便秘を解消したい…そんな女性の悩みを「作りおき」と「時間栄養学」で解決する「太らないシンプル食事術」を大特集。さらに、特別付録「反射区&ツボ押し手袋」付き。美と健康に役立つ情報満載です!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 4月号

    「日経DUAL」4月号は「ひとりっ子、きょうだいの育て方」と「パパの手作り20分夕ごはん大作戦」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「英語のプロ 息子に『勉強しろ』と言ったことはない」「中室牧子 貧困家庭の子を支援すべき本当の理由」「堀井美香 夫と子のために『言わない』と決めたこと」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版