• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いつも時間が足りない人へ~まずこれを探せ

2011年11月25日

書いて「使途不明時間」を見つける!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 本連載もようやく第5回。そろそろこの連載のパターンにもお気づきいただけたのではないかと思います。

 「時間が足りない」というテーマへの対処法は……?

 そうです。解決法は、「時間の使い方を記録すること」です。

 このテーマも前回までと同様です。記録を残すことによって、たとえ記録を見返さなくても、使い方の細かな分析をしなくても、時間の使い方が多少は上手になります。

 何度か繰り返したとおり、この考え方は虫がよすぎるように思われるかもしれませんが、やってみればわかります。時間の記録を正確に残すということは、時間の使い方に無頓着なままできるようなことではないのです。心理学では、「人は、注意を向けた対象のことをよく覚えていて、より的確な処理をすばやく実行できる」とされます。

記録を残すこと自体が難しい

 しかし問題は、「記録を残す」ということが、家計簿や食事の記録に比べて、「行動ログ」や「時間の使い方」に関しては難しいということです。

 なぜなら、時間の使い方に関する記録をとるということになると、絶え間なく記録をとり続けなければならないからです。食事やマラソンと違って、行動を切り替えるたびに記録をつけなければなりません。慣れていないと忘れるでしょう。慣れていても絶対に忘れないとは言いきれません。

 これを多少でも忘れにくく、また簡単にするために、「行動を切り替える」タイミングを、まず主観的に決めてしまいましょう。例えば、朝起きた後、起床のセレモニーのような一連の行動があるでしょう。洗顔して、歯を磨いて、着替えて……といったものです。

 それらはまとめて「起床行動」などとしておいてもいいのです。「朝食」もだいたいセットになります。それから会社へ行くための準備行動、通勤、午前の業務などでしょうか。それらをどんどん記録していきます。下の図のようにです。

 これは「Toggl」というサービスを使って記録した私自身の行動ログです。私はこの調子で毎日、朝の4時から夜18時までスキマなく行動の記録を残していますが、ここまでやるのは少々偏執的ですから(笑)、もう少し大ざっぱでもいいでしょうし、会社で仕事をしている間だけとるのでもよいでしょう。

 なお、「スキマなく」と言ったのは、上の図では、どの行動の開始時刻も、前の行動の終了時刻と一致しています。つまり、「この時間何をしていたかが記録に残っていない」という時間帯はないのです。そのような、何をしたかが不明になっている時間を「使途不明金」にならい、「使途不明時間」としましょう。

 「使途不明時間」をなくすのが、行動ログをつける最初の目標です。そのために、ちょっとした“ゲーム”を試してみてください。次にご紹介します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    特集は「心とカラダの不調を解消!疲れない!老けない人の24時間」。ウーマン読者が今一番気になるのは、「体力の衰え」と「疲れが取れないこと」。女性医師500人とカラダのプロたちが、毎日実際にやっていることを紹介。第二特集は「残高見るだけで1000万円貯蓄法」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    忙しい、運動が苦手な人でも続く!5秒~できて簡単なのに効果絶大な「筋トレの新ルール」を大特集。歩くだけ、伸ばすだけ、座るだけ!日常生活で少し意識を変えるだけで、引き締まった体が手に入ります!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「もしかして、わたし“毒親”予備軍?」と「使ってみた!知っておくと得 DUAL的最新便利サービス」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「小学生の防犯マニュアル 登下校、習い事の行き帰り」「周囲の気持ちをくみ取る『女の子脳』の子には注意」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ