• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今、話題の離婚式に行って来た!

2011年11月22日

「いい夫婦」じゃないと離婚式は挙げられない!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2011年11月某日、都内のとあるレストラン。ホイットニー・ヒューストンの『オールウェイズ・ラヴ・ユー』に乗せて、一組のカップルが入場してきた。男性は濃いグレーのスーツ。女性は青いワンピースに革のライダースジャケットという出で立ちだ。この日、ふたりは8年間の結婚生活にピリオドを打つべく、離婚式を開催したのだった。

 離婚式とは、一組の夫婦が離婚をするときに「再出発の決意」を家族や友人に向かって表明する式のことで、離婚式プランナー寺井広樹さんがプロデュースを始めたサービス。実は私自身、この7月に離婚したばかりなのだが、離婚式の存在は知ってはいたものの、離婚のときまでわざわざ式を挙げようとは思えなかった……。果たして、離婚式とは一体どんなものなのか。

 今回はちょうど100組目にあたる夫婦の離婚式だった。高校時代から付き合いを始め、2003年に結婚。8年の結婚生活の間に、7歳と5歳、2歳の3人の子どもを授かった。

 離婚式を提案したのは、旦那様。奥様から離婚を切り出され「12年の関係を紙切れ一枚で終わらせるのはあっけなさすぎる」と感じていたさなか、TVで離婚式を見て「けじめをつけるために」と離婚式の開催を奥様に打診した。旧婦の洋子さん(仮)は「最初はもちろん戸惑いました。大勢の人に自分たちの離婚のときを見守ってもらうなんて、普通は考えられないですよね…。でも2~3週間悩んで、新しいスタートをきるためにしてみてもいいのかもしれない、と離婚式をすることを決めました」

 式は旧郎旧婦の入場から始まる。ふたりが会場中央奥にしつらえられたソファに着席すると、司会進行を務める寺井さんが挨拶を始めた。「本日は旧郎旧婦の離婚式にお集まりいただき…」結婚式と同じような口上に、今日という日はふたりの門出を祝う会としてめでたいものなのだな、と頭では思ってみるのだけれど、会を覆う雰囲気はやはり結婚式とは決定的に違う。15名ばかり集った参列者はみな、どこかそわそわと落ち着かない様子で、主役の旧郎旧婦の表情も硬く、笑顔は少なめだ。


式次第に沿って、淡々と進められていく

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
日経ウーマンオンライン何でも試し隊
アラサー女子が気になるグッズ、話題の商品・サービスを、読者に代わって何でも試す。「日経ウーマン」や「日経ヘルス」などの雑誌やネットで活躍中のライターで構成。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ