• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

28歳、35歳がキャリア形成の節目

2011年11月22日

経済評論家の山崎元さんに聞く、キャリアと人生戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この連載では女性にとっての働き方とお金についてお伝えしてきました。今回は転職経験が12回もあるという経済評論家の山崎元さんにキャリアと人生戦略についてお話を伺いました。

山崎 元(やまざき・はじめ)さん(写真右)
経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、投資と投資教育のコンサルティング会社マイベンチマーク代表。1958年生まれ。12回の転職を経験。お金の運用、経済一般、転職と自己啓発について、執筆や講演などを行う。「週刊ダイヤモンド」、「週刊朝日」、JMM(メルマガ)などに執筆中。
ブログ:山崎元の「会社と社会の歩き方

花輪 本日は、女性にとって必要なキャリアと人生戦略についてお聞きしたいと思います。

山崎元さん(以下、敬称略) まずは、お金がどうやって入ってきてどうやって出ていくのかの全体像を将来に渡って想像することが大切です。

 一番影響が大きいのは“稼ぐ力”です。次に影響が大きいのは、稼いだお金をどれくらい貯めることができるのかという“生活習慣”になります。3番目に影響が大きいのは“不動産”を買うのか、借りるのかというところです。これらの意思決定をしていかなければなりません。

花輪 “稼ぐ力”とは具体的にどういったことでしょうか?

山崎 “稼ぐ力”をつけるとは、自分の人材価値を作るということです。現在は多くの場合、一人の人生よりも会社のビジネスの寿命が短いです。また、会社はあっても自分自身が会社に飽きることもあるでしょう。

 会社に頼るというアプローチをするのではなく、会社を取引先として考えるようにするほうが得策です。転職は取引先を変えるという考え方を持ち、自分の労働に対して常に買い手がつくような人材になっていかなければならないということです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ