• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ミスに学ぶ、人の心を動かす「見た目」

2011年10月20日

「ミス・インターナショナル」を通して見つけた「見た目美人」の秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 元・準ミス・インターナショナルの鳳恵弥さんが、これまでの経験を基に「見た目美人」になれるプチトレを紹介していくこの連載。ところで皆さん、鳳さんを輩出した「ミス・インターナショナル」はどんな大会か知っていますか?

 今回は番外編として、「ミス・インターナショナル」の活動やミス候補生のレッスンなどを通して、編集部が見つけた「見た目美人」の秘訣をご紹介します。

 ミスコンといえば、知花くららさんなどを輩出し、最近話題を呼んでいる「ミスユニバース」が有名ですが、「ミス・インターナショナル」は、この「ミスユニバース」と「ミス・ワールド」に並ぶ、世界三大ミスコンの一つです。

 毎年全国各地から募集があり、日本代表選出大会の出場者に選ばれると、日本の素晴らしさを世界に向けて発信する“美の親善大使”として、国内外のさまざまなイベント、活動に参加。「ミス・インターナショナル」「準ミス・インターナショナル」「ミス・ワールド」「準ミス・ワールド」に選ばれた代表4人は、「ミス・インターナショナル/ミス・ワールド世界大会」に出場します。

◆2011年ミス・インターナショナルはこちら

 2011年も、日本代表を選出するため、全国各地から31人の候補者が選ばれました(詳しくは「2011 ミス・WEBジェニック投票サイト」を参照)。そこで、11月20日の日本代表選出大会に向けて行われた、鳳恵弥さんが指導する候補者のためのレッスンに、担当編集が潜入してきました。

 候補者たちの年齢は、17歳から24歳。普段はモデルや女優として活躍している人が多いのですが、中には、派遣OLとして働いている人やジュエリーアドバイザー、エステティシャン、日本料理店で働いている人、小児科医を目指している大学生…立場も職業もさまざまです。とにかくみんな、姿勢が美しく、表情が豊かな人ばかり!

 鳳さんのレッスンのテーマは「自己表現」。大会最後に行われるスピーチでの表現力を養うというものでした。まず、真剣な表情のライバルを前に、一人ひとりが自己紹介をしていきます。自己紹介が終わるといなや……鳳さんから檄が飛びます。「モジモジしない!」「甘えすぎ!」「自分を出し惜しみしているのは相手に失礼!」…鋭く、厳しい指摘に、不安になって表情がこわばる人もいれば、負けん気になって歯を食いしばる人も。

ライバルに囲まれて極度の緊張の中で自己紹介。鳳さんの目も真剣…。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
鳳恵弥
鳳恵弥(おおとり・えみ)
元・準ミスインターナショナル。2002年に準ミスインターナショナルを受賞。モデル、女優として数多くのCMやドラマで活躍。2009年からは、これまでの経験を生かし、ミスインターナショナル、ミスワールドの日本候補者指導をはじめ、子どもからモデルまで、幅広い層のウォーキングやポージング、ダイエット、就活指導などを行う。カートプロモーション所属
関連キーワードから記事を探す
ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ