• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

印象UP!3分でできる頭エクササイズ

2011年8月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今日は、前回の姿勢編の第二弾、頭のゆがみを解消するエクササイズをお伝えします。

 仕事に恋に、お金に…毎日いろんなことで悩んでいると頭がいっぱい! 頭がだる重い、なんだか凝っている…と感じることはありませんか? 

 頭は、首という器官でしか繋がっていないため、頭の疲れは、後に首の凝りに表れます。特に女性は、胸元を気にしたり、ヒールを履いたりして姿勢全体のバランスが崩れやすく、重い頭を支えているのに筋力のない首は細く、首の後ろが無駄に緊張している人が多いようです。この背中から首にかけての筋肉(僧帽筋)の緊張が、凝りや痛みに繋がるのです。

 また、首に力が入らず、頭の重さで顔だけが前に出てしまっている状態の人もよく見かけます。視野が狭くなり、目が疲れやすくなる上に、見た目の印象がマイナスです。子供の頃に教科書で見た原始人のような姿勢では、いい女も台無しになってしまいます…。

 今日は、オフィスでもできる、頭のゆがみを解消するプチトレです。

 知らない間にこんな姿勢でパソコンに向かっていませんか?

頭だけ前に垂れ下がり、背中は丸く、原始人のような姿勢

 仕事中のみなさんもご一緒に!まずは、簡単な基本プチトレから。

(1)顎を引き、頭をひき上げて背骨を伸ばす
二重あごになるくらい、顎を引く
(2)全身の力を抜く

 これを気づいたときに何度でも繰り返します。普段使わない首筋の裏の筋肉を使うイメージで行うと効果的。これだけでも、頭が正しい位置に戻ってくると思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鳳恵弥
鳳恵弥(おおとり・えみ)
元・準ミスインターナショナル。2002年に準ミスインターナショナルを受賞。モデル、女優として数多くのCMやドラマで活躍。2009年からは、これまでの経験を生かし、ミスインターナショナル、ミスワールドの日本候補者指導をはじめ、子どもからモデルまで、幅広い層のウォーキングやポージング、ダイエット、就活指導などを行う。カートプロモーション所属
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ