相手の価値観を見抜き、支持するのが
味方になるコツ

『人を動かす』に載っている原則を、僕なりに分類したのが下の図(マインドマップ)です。

『人を動かす』目次

PART1 人を動かす三原則
1 盗人にも五分の理を認める
2 重要感を持たせる
3 人の立場に身を置く

PART2 人に好かれる六原則
1 誠実な関心を寄せる
2 笑顔を忘れない
3 名前を覚える
4 聞き手にまわる
5 関心のありかを見ぬく
6 心からほめる


PART3 人を説得する十二原則
1 議論をさける
2 誤りを指摘しない
3 誤りを認める
4 おだやかに話す
5 “イエス”と答えられる話題を選ぶ
6 しゃべらせる
7 思いつかせる
8 人の身になる
9 同情を持つ
10 美しい心情に呼びかける
11 演出を考える
12 対抗意識を刺激する

PART4 人を変える九原則
1 まずほめる
2 遠まわしに注意を与える
3 自分のあやまちを話す
4 命令をしない
5 顔をつぶさない
6 わずかなことでもほめる
7 期待をかける
8 激励する
9 喜んで協力させる


付録 幸福な家庭をつくる七原則
1 口やかましくいわない
2 長所を認める
3 あら探しをしない
4 ほめる
5 ささやかな心づくしを怠らない
6 礼儀を守る
7 正しい性の知識を持つ

[画像のタップで拡大表示]
『人を動かす』の目次をマインドマップで分類

 図の右の一番上にあるように、相手の関心のありかを見抜くことは、相手の「価値観を探る」ことにつながります。また、「しゃべらせる」に関してはいろいろな効果がありますが、やはり「価値観を探る」効果もあるでしょう。盗人にも五分の理を認めるのは、「価値観を支持する」こと。“イエス”と答えられる話題を選ぶ、相手に思いつかせるのは「相手の価値観の中で話す」こと。

 つまり、相手に話させたりしながら相手の価値観を見抜き、その価値観を支持するんです。「アル・カポネさん、あなたの言っていること、よく分かりますよ」と心から思った瞬間、相手の味方になりますよね。そして、「イエスと答えられる話題を選ぶ」など、相手の価値観の中で話をすることで、人の心がつかめるのです。