• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「耐久消費財」のイルカを見に行く?

2010年8月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

水族館のイルカは“補給”が必要

 わたしたちが、イルカと出会う場所で、一番ポピュラーなのは水族館ですよね。ところが、和歌山県太地町のイルカ追い込み漁を描いて話題になった映画「The Cove」では、水族館でイルカを飼うことも批判の対象になっていました。

 なぜ、って思いません? だって、水族館のイルカたちは、楽しげに見えますし、訪れた人たちを癒してくれます。なのに、飼っちゃけない、なんて……。

 でも、映画を観た人は、少々、複雑な気分になったはず。だって、たくさんの水族館の飼育員が追い込み漁の現場にやってきて、自分たちのところで飼育する若い個体を選んで持ち帰るシーンがあるのです。血で赤く染まった海で、「選別」されるイルカたちの姿はかなりショッキングなものでした。

 それにしても、なぜ、あれだけたくさんの飼育員たちがきて、イルカを水族館に連れて行くのだと思いますか? 映画の中では語られていませんでしたが、実は水族館のイルカは「消耗品」と言われても仕方がないのです。いや、ちょっと言い過ぎで、「耐久消費財」のレベルだとも言えますが。要は、今のところ、水族館のイルカ展示は野生に負担をかけずには維持できません。飼育下で、イルカを殖やすのは難しく、常に野生からの補給が必要なんですね。

「イルカは水族館で繁殖できる」の誤解

 え? そんなことないでしょう。よく、水族館で赤ちゃんイルカが生まれているじゃない!と思う人もいるでしょう。確かに、生まれています。飼育下繁殖に力を入れている新江ノ島水族館では4代目も生まているほど。じゃあ、やっぱり、野生のイルカをわざわざ捕まえる必要はないのでは?

 でも、残念ながら、これにはちょっとトリックというか、誤解を招く部分があるわけです。累代繁殖の定義は、「親のうちのどちらかが飼育下で生まれた個体」ということで、例えば父親が飼育下繁殖個体なら、母親は野生から連れて来られたものでもかまわないのです。そして、飼育下繁殖個体同士のカップルが繁殖に成功するのはとても珍しいことです。ほとんどの場合、どちらか(大抵はメス)が、野生から来たもので、それでも代を重ねることに「飼育下繁殖○代目」として認められるわけです。常に野生からの新しい個体が必要な理由、わかってもらえますか。

 さらに、ぼくの手元ににはもう少し詳しい資料があります。日本動物園水族館協会「種保存委員会報告書」というのですが、それによりますと、日本全国でのハンドウイルカの飼育数は2009年末の時点で273頭いました。それに対して2009年中の年間死亡数は29頭です。飼育下個体群の1割以上が1年で死亡するのは、大型動物ではかなり多いです。例えば、ゾウやゴリラやキリンやサイといった動物園の人気動物が、年に1割も死んでしまったら大騒ぎになりますよ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
川端 裕人
川端 裕人(かわばた・ひろと)
ノンフィクション作家・小説家。1964年生まれ。日本テレビ記者を経て、1995年にノンフィクション作家としてデビュー。著書に『イルカとぼくらの微妙な関係』(時事通信社)、『クジラを捕って、考えた』(徳間書店)、『ペンギン大好き!』(新潮社)などのノンフィクション作品、『算数宇宙の冒険』(実業之日本社)、『(1)嵐の中の動物園三日月小学校理科部物語』(角川つばさ文庫)などのフィクション作品がある。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版