• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界の働き女子の流行ウォッチ

“何もしない、ココロの旅”を求めて修道院に泊まる

2010年2月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 太陽が降り注ぐスペイン、歴史遺産をめぐるイタリア、美食を楽しむフランス……旅を満喫するにはさまざまな方法があるが、自分の内面を癒す旅がドイツのキャリアウーマンの間でひそかな人気となっている。“何もしない、ココロの旅”だ。

 ベルリン郊外の住宅街。どこにでもあるガラスの扉からほんの一歩足を踏み入れると、ひんやりとした静寂に包み込まれる。窓から降り注ぐ柔らかな光、煉瓦敷きの落ち着いた廊下。行き交う女性たちが慈愛に満ちた微笑をそっと投げかけてくれる。

 ここカルメル・レギーナ・マルティルム教会では、1985年から修道院に隣接するゲストハウスを開放してきたが、最近、訪れる宿泊客に変化が起きている。「キャリアウーマンたちの宿泊が増えているの。問い合わせも急激に多くなったわ。日ごろの仕事で心をすり減らした彼女たちは、ここに心の静寂を求めに来るのよ」と、シスターのカタリーナさんは話す。

シングルルーム。
案内してくれたシスターのカタリーナさん。

 1泊3食付でわずか32ユーロ。野菜中心の健康的な食事が中心だ。宗教や性別、国籍は問わず、誰でも宿泊可能。奉仕活動や礼拝への参加を強要されることもなく、普通のペンションと同じように過ごせる。ただ、一つだけ重要な規則がある。「静寂を保つ」ことだ。

 部屋にはテレビやラジオがない。ベッドと机だけが置いてあり、壁には大きな十字架がかかる。廊下や部屋で大きな声で話すのも厳禁。何の楽しみもないはずなのに、それでも多くの女性たちがゲストハウスの扉をたたく。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ