• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

知りたい!なりたい!こんな職業

「男性の仕事」からイメージチェンジ
女性客増加で引く手あまたの存在に
理容師 濱田有美子さんのケース

2009年10月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

肌に直接刃物を当てるシェービングには、神経の細やかさが必要

濱田 有美子 さん
濱田有美子さん

●理容師歴14年。33歳。夫と2人暮らし。

●時間を見つけては、北は北海道、南は九州まで出かけて講習を受けたり、美と流行に関する情報集めをします。早起きした休日は1人で鎌倉、軽井沢へ足をのばしたり、登山をすることも。近所の図書館かカフェで本を読むのも大好きです。


 濱田有美子さんは、両親が経営するヘアーサロン「銀座マツナガ」成田店に勤務。さまざまな年齢のお客様にカット、パーマなどのヘアスタイルづくりや、エステ、シェービングなどを行っています。

 理容師が美容師と違う点は、国家資格によってシェービングを行うことが認められていること。肌に直接刃物を当てるため、神経の細やかさが要求される技術です。「一枚刃のカミソリで、うぶ毛までも根元ぎりぎりから剃っていきます。数ある接客業の中でも理容師ほどにお客様の肌に密にふれ、施術させていただく仕事はそうありません」

 担当するお客様は女性が7割ほど。女性に施術するときは、体調や季節の違いによる肌の状況を見極めます。使用する蒸しタオルの温度や湿度、刃の当て方も変えて、お客様の呼吸に合わせて丁寧に。花嫁のブライダルシェーブともなると、顔だけでなくうなじ、背中、デコルテ、肩から指先まで2時間近くかけて仕上げます。理容師のシェービングは、古い角質も一緒にとるので軽いピーリング効果もあり、施術後1カ月くらいはツルツルのゆで卵のような肌をキープできます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ