• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【若顔のつくりかた】アラサー世代のための必勝ベースメイク+アイメイク

2015年12月15日

【読者エディター】メイクアップ王子SHUNさん直伝、悩み解決レッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「肌がくすむ」「吹き出物をカバーしたい」「アイメイクが崩れる」「一重まぶたメイクがうまくできない」――読者エディターのメインの悩みはさまざま。@cosmeメイクアップスクールの代表講師・SHUNさんに、お悩みを解決するメイク法を教えてもらいました!

@cosmeメイクアップスクール代表講師 SHUN
メイクアーティスト。アイスタイルキャリアが運営する@cosmeメイクアップスクール代表講師。30代・40代以上のメイク初心者へのメイクレッスンでカリスマ的人気を誇る。累計で1万人を超える女性にメイクアドバイス、また、メイクアップトレーナーとしてプロフェッショナルメイクアップアーティストを200名以上輩出している。

 今回は、20代後半、30代の読者エディター2人が、SHUNさんに悩みをぶつけてみました。まずは、30代の小森さんからメイク講座がスタート!

くすんだ肌・目元はさようなら! 流行の赤リップの艶肌メイク

☆お悩み読者さん☆
小森紗江子さん(仮名、36歳)

◎目元
目の下がすぐ黒くなるなどアイメイクが滲みやすい。くずれにくいメイク方法を教えてほしい。

◎口元
黄味が強い肌色なので口紅選びに困っている。唇の色がくすんできたこともあり、流行の赤い口紅を使い顔色が良く見える付け方を教えてほしい。

☆SHUNさんの解決法☆

◎目元
崩れを防ぐため、ベースメイクの際、目元周りはコンシーラーのみで仕上げていく。アイシャドウはブラシで塗り、アイライナーはウォータープルーフのものをまつ毛の隙間を埋める感覚で入れていく。

◎口元
リップライナーで形を作り、下地を塗ってから色を塗る。下地と色はもちろんブラシを使用する。

お悩み解決!
健康的で活発なイメージに女性らしさがプラスされ、垢抜けた感じの都会メイクに!

 次のページで、実際の目元・口元メイクを紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ