• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

生理の意外な悩み、女子が一番気になるのはアレだった…!進化する生理用品

2015年11月30日

【読者エディター】「生理用品」の真実について語る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ユーウツでメンドーこの上ない毎月のお客様、それが…生理。しかも一度来客されたら1週間近くも居座る生理氏をお迎えするべく、世界中の女子は専用のクッション=ナプキン、タンポンetcを用意しなければいけません。ああ、メンド…(ため息)。
 そこで今回は日経ウーマンオンラインの読者エディターを招き、生理用品についてアレコレ語ることにしました。そこから見えてきた、意外な生理との付き合い方とは…!?

※名前はすべて仮名です

量や生活スタイルで使い分ける“自己流”が確立

 20~30代の働き女子6人ではじまった、「生理用品」座談会。まずは皆さんに日々どんな生理用品を使っているのかについて聞くと、多かったのが「ナプキン+タンポン」のW使い派。

「量が多い3日目まではタンポンを入れた上でナプキンも装着して、万全の体制に」(溝口さん)
「営業で外回りが基本のため、長時間持つタンポンを使っています」(斎藤さん)
「生理の終わりかけにはおりもの用ナプキンに変えて対応」(島田さん)

 このように、量や生活スタイルによって生理用品を使い分けていることが判明。皆さん、生理中でも快適に過ごせるよう、さまざまな“自己流”を編み出しているんですね。

 さらに座談会会場に持ち込んだ生理用品の中でダントツの評価を獲得したのが、「ウィスパー コスモ吸収」。

 「吸収力がハンパない!」「全然ベタつかない!」「高いけどこれは価値アリ!」とその威力を絶賛する参加者が多く、未使用者も興味津々といった様子。実際、筆者もコレを使った時には、ナプキンの概念が変わるほどの衝撃を受けました。

ここから先は「日経ウーマンオンライン」会員の方(登録は無料)のみ、ご覧いただけます。

  • ログイン
  • 無料会員登録

会員登録をなさっている方は、「ログイン」していただければ、記事をご覧いただけます。
ログインは、上のログインボタンをクリックしてください。
会員登録がお済みでない方は、上の登録ボタンからご登録ください。会員登録は無料です。
※会員登録の詳細は、こちらをご覧ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ