• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

秋に肌のハリやツヤが低下……「夏枯れ肌」に気をつけて!

2015年10月2日

記録的猛暑による夏の肌ダメージ、女性の8割以上が自覚

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
今年、夏枯れ肌を自覚したか
どんなときに夏枯れ肌を自覚するか
夏枯れ肌が周囲に与える印象は

 美容家電のヤーマンは、20歳代―50歳代の女性500人を対象に実施した肌に関する調査の結果を発表した。それによると、記録的な猛暑となった今年の夏は例年よりも肌へのダメージが大きかったと約7割(66%)が感じている。また8割以上(84%)が、夏の終わりにハリやツヤが低下して元気がない肌に見える“夏枯れ肌”を自覚したという。

 夏枯れ肌を自覚するのは、「肌がくすんでいる時」(55%)、「肌にハリ・弾力がない時」(52%)が特に多く、それぞれ半数以上が挙げている。「肌がざらついているとき」(44%)、「毛穴が開いているとき」(37%)といった汚れ残りや、「肌がかさついている時」(42%)、「目元にうるおいが足りないとき」(32%)など乾燥に関する回答も目立った。

 夏枯れ肌が自分に及ぼす影響を聞いたところ、「自分に自信がなくなる」(84%)、「暗い気持ちになる」(80%)などネガティブな気持ちになってしまうほか、「人と会いたくなくなる」(68%)などコミュニケーションでもマイナスの影響があることがうかがえる。

 夏枯れ肌が周囲に与える印象について聞くと、「疲れていると思われる」(90%)との回答が特に多く、「老けて見られる」(78%)、「不摂生だと思われる」(58%)といった意見も目立った。

 今夏のスキンケアについて尋ねたところ、季節に合わせた特別なケアをしていた人は3割未満(28%)にとどまり、7割以上(72%)が「特別なケアをしていなかった(他の季節と同じケアだった)」と答えた。夏のスキンケアが十分にできていた人では、夏枯れ肌を自覚した割合が39%であったのに対し、夏のスキンケアが十分にできていなかった人はその割合が68%に上昇する。

■関連情報
・ヤーマンのWebサイト www.ya-man.com

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップスキンケアスキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ