• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ワイン通が注目する“日本ワイン”の魅力とは?

2015年11月13日

【読者エディター】7度目のワインブームを巻き起こした“日本ワイン”を人気バルで体感!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 いま日本は、第7次ワインブームの真っただ中にあるのだそう! これまでにも国内では、初物好きの日本人の心をとらえたボジョレー・ヌーボーブームや、ポリフェノールの効能に注目が集まった赤ワインブームをはじめ、数々のブームが到来。そのたびに愛好者を増やしてきました。そして近年、ますます熱を帯びつつある第7次ブームの正体は「日本ワインブーム」。今回は、六本木にある「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」で、日本ワインの魅力に触れてみました。

海外からも高評価を得る“日本ワイン”、その上質さの理由は?

 そもそも「日本ワイン」とは、どのようなワインを指すのでしょうか。読者エディターの吉本みのりさん(仮名)と吉本さんの友人とともに「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」を訪れ、マネージャーの寺中憲由さんにたずねてみました。

「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」は、ワインブランド「シャトー・メルシャン」の直営バル。六本木一丁目駅直結というアクセスの良さもうれしい。

 「日本産ブドウ100%でつくられたものが“日本ワイン”と呼ばれます。“国産ワイン”と混同されがちですが、ここには海外産の輸入ブドウで生産されたものが含まれます」と寺中さん。

 では、日本のブドウのみで醸造された日本ワインは、海外産のワインや国産ワインとどのように違うのでしょうか。

 「日本のブドウ生産者は、ずばぬけて職人気質。気候風土に合わせた育て方や収穫時期の見極めなどを徹底的に追求するから、ブドウのクオリティが高いんです。ワインの品質はブドウのポテンシャルによって決まるとされ、“ワインづくりは農業だ”とも言われています。つまり日本ワインの上質さは、日本のブドウ生産者のハイレベルさによって保たれていると言えるでしょう」(寺中さん)。

マネージャーの寺中憲由さん。各テーブルをまわって着々とワインをサーブしながら、日本ワインの魅力について聞かせてくれます。

 シャトー・メルシャンのワインもまた、国内の自社畑で丹念に育まれたブドウを使い、手間暇かけて醸造されています。日本ワインの信頼度は、妥協を許さないブドウ生産者たちのこだわりによって、ブームを巻き起こすまでに高まったというわけです。

 「日本産のブドウを使うメリットは、他にもあります。輸送の時間を大幅に短縮できるため、風味が劣化していない採れたてのブドウで醸造できる。それゆえに、フレッシュな味わいを実現できるんです」(寺中さん)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメワイン

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ