• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「もっと食べたい!毎日でも食べたい!?」マシュマロ人気が冷めない本当の理由!

2015年11月25日

マシュマロをもっと楽しもう!お酒に合う大人レシピも紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ここに来て人気が加速中のマシュマロ。なぜ人気なのかご存じですか?女性の心をグッと掴む、そしてお酒に合う大人レシピも可能なマシュマロ人気の理由に迫ります!

 成分のほとんどがゼラチンなので、美容に関心のある女性の間でここ数年じわじわと人気上昇中だったマシュマロですが、ここに来てさらに人気が過熱気味です。

 その裏には2015年春に東京・表参道にオープンしたニューヨークの人気ペストリー、「ドミニクアンセルベーカリー」の報道が関係しているようです。ドミニクアンセルベーカリーの看板メニュー「フローズンスモア」は表面を焦がしたマシュマロの中にアイスクリームが入ったハイブリッドスイーツ。一時期は、連日お店に行列ができるほどの大人気でした。

 スモアというのは英語で書くとsome more、つまりもっとちょうだい!!という意味なのですが、アメリカやカナダではキャンプの夜、たき火を囲んでマシュマロを焼き、それをチョコレートクラッカーに挟んで食べるメニューが大定番。ここにヒントを得て生まれたメニューがフローズンスモアですが、今、こうしてマシュマロを使った新しいスイーツレシピが大人気になっています。

女性の2大テーマに訴えかけるから、人気は当然!?

 さて、冒頭に「ほとんどがゼラチン」と書きましたが、果たしてマシュマロとはなんなのか? マシュマロ製造メーカーであるエイワのホームページhttps://www.eiwamm.co.jp/をのぞいてみると、

====================
 マシュマロとは元来、フランスにおいてmarsh(沼地、湿地)に群生するmallow(あおい属の植物)の根からとれる粘りのある汁に卵白や、砂糖を加え味付けし、軽い泡がたつまで撹拌(かくはん)混合して作られた薬用食品に由来しています。

 一般的にマシュマロの原料は砂糖、水飴、コーンスターチ、ゼラチン、卵白、香料等であり、他にゲル化剤、改良剤として寒天やアラビアガム等が、使われる場合があります。
=======================

 と書かれています。

 ゼラチンに含まれるコラーゲンが美容面でプラスに働くことはよく知られていますが、『すごい! ゼラチンふりかけ健康レシピ』(レシピ制作/浜内千波、監修/藤野良孝、真野博、扶桑社/刊)によると、ゼラチンが備える身体のサポート力は実に多様。肌、髪、骨など、さまざまな側面における健康上のメリットが期待されているそう。つまりマシュマロとは、主婦の甘い物欲求とアンチエイジング願望という永遠の2大テーマに同時に応えうる、可能性の高い食材なのです。

お酒にも合う大人レシピをご紹介!

 さて、今回はそんなスイーツとしてのイメージが強いマシュマロを使ったお酒にも合うちょっと大人のレシピを今回はいくつかご紹介したいと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ