• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子のオンナ度、仕事後は半分以下にダウン?

2015年10月15日

仕事後の時間にオンナ度が上がる過ごし方ができていない女性が約7割

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
仕事の際に消耗する原因は
低下したオンナ度を帰宅後の夜に上げたいと思うか
帰宅後の夜にオンナ度を上げるためにほしいもの・したいことは

 一口サイズのアイスクリーム「pino(ピノ)」の森永乳業は、20歳代―30歳代の会社員女性500人を対象に実施した「働く女性のオンナ度」に関する意識調査の結果を発表した。外見と内面を総合した女性らしさの度合いを「オンナ度」と定義し、朝(仕事前)のオンナ度を100%とした場合に、夜仕事から帰宅したあとのオンナ度はどれくらいか聞いたところ、全体の平均は半分以下の「48%」だった。

 仕事を通してオンナ度が低下する理由を聞くと、「仕事が忙しかったり理不尽な思いをしたりすると、気持ちが落ち込み、メイクも崩れてくるから」「満員電車で疲れたり、仕事中の人間関係にイライラしたりすると心に余裕がなくなって、笑顔も減ってしまうから」といった自由回答が寄せられた。

 回答者の9割近く(88%)が仕事によって消耗すると感じたことがあり、消耗する原因として「仕事自体の負荷(仕事量、忙しさなど)」(72%)、「社内でのコミュニケーション」(60%)などを挙げている。

 また、「仕事を通じて低下したオンナ度を、仕事から帰宅した夜に上げたい」と思っている回答者は66%にのぼるが、73%が「最近、仕事から帰宅後の夜の時間にオンナ度が上がるような過ごし方ができていない」と答えた。

 帰宅後の夜の時間にオンナ度を上げるためにほしいもの・したいことを聞くと、「自分だけの時間」(70%)との回答が圧倒的に多く、「普段よりリッチなスキンケア、ヘアケア、ボディケア」(47%)、「パートナーとの時間」(46%)が続いた。食べ物に関する回答も多く見られ、「普段よりリッチな食事」(36%)、「普段よりリッチな甘いもの、スイーツ類」(35%)が上位に入っている。全体的に「普段よりリッチ」なモノ・コトが多く、消耗している女性達は贅沢な気分を味わえるご褒美を求めていることが分かった。

■関連情報
・森永乳業のWebサイト www.morinagamilk.co.jp/
・ピノのWebサイト www.pinoice.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方人間関係の悩みオンナ度

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ