• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

プレゼント予算に1万円以上の開きあり!?関東&関西エリアのお金事情を比較

2015年12月18日

20代は堅実志向、お金に関する今年の漢字は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
お金について連想する漢字1文字(東京・大阪エリア別)
年末年始に想定される支出項目と金額
交際相手・パートナーへのプレゼント代(東京・大阪エリア別男性)

 ビザ・ワールドワイド(Visa)は、東京エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)と大阪エリア(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)に勤務する20歳代の男女ビジネスパーソン800人を対象に実施した「年末年始の金銭事情とお金の管理」に関する意識調査の結果を発表した。

 今年の自身を振り返った際、お金について連想する漢字1文字は何か尋ねたところ、東京・大阪エリアともに「貯」が首位に立ち、「貯金ができた年だった」との理由が多かった。このことから、20歳代ビジネスパーソンの金銭感覚は堅実志向が主流であることが見てとれる。

 次いで、両エリアとも「大きな出費が増えた」との理由で「減」が2位に付けた。3位は東京エリアが「楽」、大阪エリアが「浪」となり、それぞれ「趣味などの楽しみに投資できた」、「浪費が多い年であった」との理由が挙げられた。

 年末年始に想定される支出項目と金額を尋ねると、1位は「同僚・友人との忘年会(平均1万2474円)」(58.3%)、2位は「交際相手・パートナーへのプレゼント代(平均2万9692円)」
(32.1%)、3位は「交際相手・パートナーとのデート代(平均1万7945円)」(30.5%)となった。

 東京エリアと大阪エリアの男性を比較すると、交際相手・パートナーへのプレゼント代は、東京エリアが平均5万1208円、大阪エリアが平均3万8785円と、1万2423円もの開きがあった。

 また、年末年始の出費をどのように捻出するか聞いたところ、「事前から貯めていたお金を使って」(57.6%)が最も多かった。

■関連情報
・VisaのWebサイト www.visa.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネーコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ