• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ストレスチェック義務化、企業の残業削減意識は?

2015年12月1日

企業は残業時間削減についてどのような対応を考えている?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
残業時間削減についてどのような対応を考えているか
現在、残業削減に取り組んでいるか
残業削減に取り組む理由は(残業削減に取り組んでいる企業)
残業削減のために実施している取り組み/実際に効果がある取り組み(残業削減に取り組んでいる企業)

 企業のメンタルヘルス対策の充実および強化を目的として、ストレスチェックを義務づける改正労働安全衛生法が12月1日に施行された。人材総合サービスのエン・ジャパンは、長時間労働(残業)がメンタルヘルス不調の要因の1つとして考えられることから、人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」上で残業に関する意識調査を実施し、その結果を発表した。

 ストレスチェック義務化の対象となる従業員50人以上の企業に、今後の残業時間削減の対応についての考えを尋ねたところ、「積極的に取り組む」(60%)と「状況を見て、取り組みを検討する」(35%)との回答が合計9割を超え、残業時間削減に対する意識が高いことがうかがえた。

 「積極的に取り組む」とした企業からは、「メンタル面での不調者を出さないため」「残業や休日出勤による疲労は精神衛生上にもよくないから」など、社員の健康維持を目的としたコメントが多く寄せられた。また、「社会が効率性、生産性にシフトしているため」といった、業務効率化を重視する意見も多く見られた。

 現在、残業時間削減に取り組んでいる企業は87%にのぼり、昨年(83%)から増加した。残業時間削減に取り組んでいる企業に理由を聞くと、「従業員の健康のため」(71%)がトップに挙げられ、次いで「生産性向上のため」(46%)、「残業費削減のため」(43%)が続いた。「残業費削減」は昨年(66%)と比べ大幅に減少している。

 現在、残業時間削減に取り組んでいる企業に、「実施している取り組み」と「実際に効果がある取り組み」を聞くと、いずれも「管理職への教育(時間管理)」(実施47%、効果32%)と「業務分担やフローの見直し」(同47%、同27%)がトップ2に挙げられた。以下、「残業を事前申請させる」(同43%、同25%)、「ノー残業デーを設ける」(同29%、同18%)が続いた。

■関連情報
・エン・ジャパンのWebサイト www.enjapan.com/
・エン 人事のミカタのWebサイト partners.en-japan.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方ストレス

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ