• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いま会社で「大きな成果」が生まれない理由~森川亮さん(元LINE)

2015年10月7日

「ネットワーキングフォーラム」にも登壇! 森川さんが語る「仕事の考え方」(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

LINEの創業者で、現在は女性向けファッション動画サイトを運営するC Channel社長の森川亮さん。森川さんがこれまでの経験から、仕事をするうえで大切にしてきたこと、成功するために必要なポイントを、シンプルにまとめた『シンプルに考える』から、働く女性のみなさんにぜひ伝えたい考え方を紹介します。(森川さんは、10月24日の「日経WOMAN ネットワーキングフォーラム」にもご登壇いただきます。ぜひ直接、生の声でのメッセージもお聞きください。詳細は文末に)

 イノベーションが起きない──。

 これが、日本経済のいちばんの課題だと思います。

 そのため、多くの会社がイノベーションを起こすために、さまざまな施策を打ち出しています。しかし、なかなか大きな成果が生まれていないのが、現状ではないかと思います。「笛吹けど踊らず」。そう嘆く経営者もいらっしゃいます。

 なぜでしょうか?

 僕は、経営のあり方に問題があると考えています。

 「経営とは管理することである」。この固定概念がイノベーションを阻害している。つまり、経営が社員の活動を細かいところまで管理しようとするがために、社員の強みを生かし切れていないことに根本的な問題があると思うのです。

 たしかに、戦後の日本企業は、高度な「経営管理」によって大きな成果を生み出してきました。しかし、それは大量生産大量消費の世界だったからこそ、うまく機能したのだと思います。先人がつくったプロダクトを延々と磨き続けていく。そして、徹底した品質管理と工程管理のもと、クオリティの高いものをつくり続ける。そのような世界では、管理こそが重要になります。

 しかし、時代は変わりました。イノベーションが重要になった今、「経営とは管理すること」という発想を捨てる必要があると思うのです。

 では、イノベーションには何が必要か?

 僕は、その答えをかつてのソニーに見出します。

 ご存知のとおり、ソニーは数々のイノベーションを生み出してきた会社です。それを可能とした理由として、真っ先に挙げられるのが「自由」です。ソニーでは、優秀なエンジニアたちが、空いた時間に興味ある技術を自由に開発することが認められていました。会社のリソースを使って、好きなだけ研究できる。ウォークマンの技術も、こうして生まれたと言われています。

 それだけにとどまりません。「これだ!」と思える技術を開発すると、エンジニアたちは、自分の判断でさまざまな部署やグループ会社にプレゼンテーションに回りました。そして、意気投合すると、その部署に異動したり、新会社をつくったりして、そこから新しい商品やサービスを生み出していったのです。

 ここにあるのは「管理」ではありません。優秀な社員たちが自由に活動し、共感をベースに連携し合う見事なエコシステムです。僕は、このエコシステムこそがイノベーションの源になると思うのです。

 LINE株式会社には、そのエコシステムが存在します。

 スポーツにたとえれば、「野球型」よりも「サッカー型」の組織体制です。

 野球はすごく管理されたスポーツだと思います。打順が決まっていて、自分が何番目に打つのかがわかる。ポジションも固定的で、ピッチャーがキャッチャーをやることはまずない。そして、一球ごとに監督がサインを出して、選手たちをコントロールすることができる。監督の采配がゲームに及ぼす影響が非常に強いスポーツです。

 一方、サッカーはきわめて流動性が高いスポーツです。一応ポジションはありますが、状況次第でいくらでも変わります。場合によっては、ゴールキーパーがシュートを狙ったっていい。しかも、監督はゲームをコントロールすることはできません。一瞬一瞬の判断は、すべて選手に委ねられているのです。ゲームの行方を左右するのは、選手一人ひとりの技術と、チームとしてのコンビネーション。つまり、彼らの間で良好なエコシステムが機能しているかどうか、なのです。

 イノベーションを生み出すのは人間であって、システムではありません。

 社員をシステマチックに管理しようとすればするほど、イノベーションから遠ざかってしまうのです。逆に、彼らが生き生きと仕事ができるエコシステムを生み出したときに、はじめてイノベーションの可能性が生まれる。だから、今やるべきことはシンプルです。「経営とは管理することである」という固定概念を捨てる。これが、イノベーションへの第一歩だと思うのです。

森川さんのお話を直接聞けるチャンスです!
<日経WOMAN Networkingフォーラムプレミアム2015>

日経WOMAN・日経ウーマンオンライン編集部がお届けする、働く女性たちの学びと交流の場です。基調講演で、森川亮さんに、本では読めない貴重なお話を、たっぷりお伝えいただきます。

日時:2015年10月24日(土) 9:55~20:00予定
場所:東京コンファレンスセンター・品川(JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分)

詳細はこちら日経WOMAN Networkingフォーラムプレミアム2015

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ