• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

退職理由の1位は「家庭の都合」、そのホンネは

2016年2月23日

本当の退職理由を話さない人は約半数

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
会社に伝えた退職理由は本音と異なるものだったか
会社に伝えた退職理由と本当の退職理由(代表的なもの)
会社に本音の退職理由を言えなかった理由は

 人材総合サービスのエン・ジャパンが運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」は、「退職理由のホンネとタテマエ」に関する調査結果を発表した。それによると、会社を辞める本当の理由を会社(人事)に話した人は約半数(53%)で、2人に1人(47%)は本音と異なる退職理由を伝えたという。

 調査は、エン・ジャパンの求人・転職支援サービス「エン転職」の利用者を対象に実施し、1515人から回答を得た。会社に伝えた退職理由として最も多かったのは「結婚、家庭の事情」(23%)、次いで「体調を壊した」(18%)だった。以下「仕事内容」(14%)、「人間関係」「社風や風土」(いずれも6%)が続いた。

 一方、本当の退職理由を聞くと、「人間関係」(25%)がトップだった。表向きの理由で最多だった「家庭の事情」や「体調」(いずれも2%)はごく少数にとどまり、ホンネとタテマエの大きなギャップが見てとれた。

 本当の退職理由が話せなかったのはなぜか尋ねると、「円満退職したかったから」(34%)が最も多く、様々な不満を抱えながらも最後は丸く収めたい、波風を立てたくないという退職者の心理がうかがえる。続いて「話をしても理解してもらえないと思ったから」(21%)が挙げられた。

 そのほか、「会社批判になってしまうから」(11%)、「建設的な話し合いにならないから」「退職慰留や引き留めにあうから」(いずれも10%)など、退職時の面倒ごとを避けたい心理が垣間見えた。


■関連情報
・エン・ジャパンのWebサイト www.enjapan.com/
・エン 人事のミカタのWebサイト partners.en-japan.com/
・エン転職のWebサイト employment.en-japan.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ