• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

企業の女性活躍推進、最も進んでいる部門は?

2016年2月12日

女性の課長職が増えた企業は4割以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
3年前と比較した課長ないし課長相当職以上の女性の増減
3年前と比較して課長ないし課長相当職以上の女性が増えている部門
女性社員の活躍を推進する上での課題
女性社員の意識を高めるための取り組み

 産業界の労使や学識者などで構成する日本生産性本部がまとめた「女性のコア人材育成に関する企業調査」の結果によると、女性で課長ないし課長相当職以上の「コア人材(企業の事業を中核となって支える人材)」が3年前と比べて増加した企業は40.3%だった。 

 女性のコア人材が増えている部門としては、「人事・総務部門」(44.7%)、「営業・マーケティング部門」(42.2%)が多い。

 同調査は、4500社以上の人事担当およびダイバーシティー推進責任者を対象にアンケートを実施し、587社から回答を得た。女性活躍推進法への対応について、課題を抱えているとする企業は7割以上(72.1%)にのぼった。

 女性社員の活躍推進について、経営方針または経営計画などで明文化している企業は、2割程度(23.0%)にとどまった。ただし「明文化していないが、検討課題となっている」(46.2%)を含めると、ほぼ7割(69.2%)が前向きに取り組んでいると言える。

 女性活躍の推進体制がすでにある企業は2割程度(20.8%)だったが、約3割(27.3%)が「推進体制はないが、準備・検討中」と答えた。

 女性社員の活躍を推進する上での課題を聞くと、「女性社員の意識」(81.6%)が最も多く、次いで「育児等家庭的負担に配慮が必要」(59.1%)と、女性自身に関係する項目がトップ2に挙げられた。一方、「管理職の理解・関心が薄い」(53.3%)、「男性社員の理解・関心が薄い」(46.8%)といった職場の風土も、約半数が課題としている。

 女性社員の意識を高めるための取り組みとしては、「チャレンジャブルな仕事の機会を与えている」(45.0%)が最も多く、次いで「仕事の幅を広げるような異動や転勤等の機会を与えている」(42.9%)、「責任の重い仕事・リスクのある(逃げない)仕事を与えている」(34.4%)が続いた。

■関連情報
・日本生産性本部のWebサイト www.jpc-net.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ