• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

龍泉堂がII型コラーゲンで、関節にいい機能

2015年10月5日

非変性II型コラーゲンが経口免疫寛容の作用誘導

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 9月29日に届出完了が公表された龍泉堂の機能性表示食品「関節の友」は、届出完了日は8月19日で10月21日発売予定。この関与成分は非変性型II型コラーゲンだ。

 機能性表示は「本品には非変性II型コラーゲンが含まれています。非変性II型コラーゲンには関節の柔軟性、可動性をサポートすることが報告されています」となる。

 注目はその作用機序の説明だ。説明の冒頭で、「機能性関与成分である非変性II型コラーゲンは、経口摂取により小腸のパイエル板から体内に取り込まれ、経口免疫寛容(経口トレランス)作用を誘導する――とある。
 さらに説明の後段では、「体内に入った非変性II型コラーゲンは、樹状細胞などの抗原提示細胞を介してナチュラルT細胞は制御性T細胞(Treg 細胞)が誘導され、免疫応答を調節している。また、Treg 細胞による免疫機能の正常化に加え、関節軟骨へのキラーT細胞による日々の関節軟骨への攻撃や損傷の免疫システムを停止(抑制)させることで、関節の可動域や柔軟性をサポートさせると考えられる」という資料を提示した。

 今回の機能性表示食品制度では「免疫力を維持・増進する」や「抗酸化作用を維持・増進する」といった文言は、健康維持・増進を表現しているとなみなされないためにNGとされているが、この作用機序の説明にあるように、免疫作用が発揮されることによって結果的に具体的な健康維持・増進機能が発揮できるのであれば、そのエンドポイントは機能性として表示することができるようだ。

 ただし、当然ではあるが、根拠論文にきちんとそのエンドポイントが示され、機能性表示とのブリッジングができていることは必須となる。

(寄稿:フリージャーナリスト/継田治生)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ