• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス 最新号の読みどころ

おうちでライザップ【日経ヘルス16年12月号】

2016年11月7日

医師もハマるあのメソッドが自宅で叶う! 秘テクを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

劇的に体形が変化するとうわさのライザップメソッド。自宅で行える方法を紹介しよう。“結果にコミット”してくれることを信じて、今日から早速スタート!

 ぽっちゃり体形の人がゆっくりと回ると筋肉質の体に劇的に変身するCMで有名なライザップ。「現在、累計5万6000人がライザップのお客様です」とライザップ統括トレーナーの幕田純さんは話す。店舗数は現在90店舗まで増えた(2016年10月現在)。

 ライザップのやせるメソッドの2本柱は「筋トレ」と「糖質オフかつ高たんぱく質の食事」だ。体脂肪を劇的に減らすために、食事中の糖質は大幅に減らす。同時に、筋肉は減らさずむしろ増やすことを目的に筋トレを行い、食事でとるたんぱく質を増やす。両面からのアプローチで体形が劇的に変わるのだ。

 CMでは外見の変化に目を奪われがちだが、「多くの人が内臓脂肪と皮下脂肪の両方が激減。糖尿病が改善し、投薬が不要になった方もいる」と同社教育ユニットの松崎主税さん。そんな健康効果に医師たちが注目し、自身でライザップ効果を体験しようという医師の会員も増えているという。

 興味はあるけれども近くに店舗がない、費用が高くて手が出せない…! そんな人のために、自宅で行えるメソッドを紹介してもらった。「実際に店舗で導入しているトレーニングを自宅でも簡単にできるようアレンジしたもの。運動と食事の両輪をしっかり行ってください」と幕田さん。

 ライザップは2カ月を1単位として考える。「1週目を導入期、2~4週目をシェイプアップ期、5~8週目をスタイルアップ期として、筋トレの強度や回数に変化をつけて体に確実な刺激を与え続ける」と幕田さん。

 次から紹介する筋トレと食事法にトライしてみよう。「しっかり実行できれば、2カ月後には確実に結果が表れる」(幕田さん)。

通っている医師は300人! 内臓脂肪減など効果が続々

ライザップに通っている医師の会員数は年々増え、現在は累計で300人以上!そんな医師たちが、医師の目から見てどのように感じたのか、声を集めた。

取材・文/黒澤祐美、写真/鈴木 宏(モデル)、宗野 歩、モデル/山崎有葉(ライザップトレーナー)
イラスト/日の友太、ヘア&メイク/木下 優(ロッセット)、スタイリング/椎野糸子、デザイン/ディッシュ
監修/ライザップ、構成/羽田 光(編集部)

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ