• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス 最新号の読みどころ

村木宏衣さんが伝授 「老け見え」解消マッサージ【日経ヘルス18年5月号】

2018年4月3日

1日1メソッドで30日 二重あご、クマ、ほうれい線が消える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

多くの有名女優やモデルを顧客に持ち、海外のスーパーモデルも絶賛する施術テクニックを持つ“ゴッドハンド”村木宏衣さん。貴重なメソッドを、本誌20周年を記念して一挙紹介! 簡単なのに驚くほど即効性の高い手技とその効果を、いますぐあなたも体感できます!

 エステティシャンとして20年以上のキャリアを誇り、多くのセレブが信頼を寄せる村木宏衣さん。そんな村木さんのメソッドは、ゆがみ、たるみ、むくみの「3大老け見えポイント」を直球で解消してくれる。

 その理由の1つは、ただ押したりもんだりするのではなく、押しながら、もみながら首を振るなど「動きを加える」ことにある。「手の力だけでなく体の動きを利用することで、筋肉のより深い部分や深層のリンパ節にアプローチできる」と村木さん。硬く緊張した筋肉に弾力が復活すると、全身のねじれ・ゆがみが改善。リンパや血液がスムーズに流れ、加齢ととともに低下しがちな代謝もアップ!

 さらに、「マッサージで筋肉がゆるむと、自律神経のバランスが整う。呼吸が深まり、眠りの質、内臓の機能も改善する。体が本来持つ力で、自分のベストなコンディションが引き出せる」(村木さん)と、うれしい効果が盛りだくさんだ。

 まずは実際に行ってみてほしい。体がスッと軽く、楽になるのを実感できる。カレンダー通りに1日1メソッドを行えば、1カ月で足の先から頭のてっぺんまでぴかぴかボディーに。カレンダー通りでなく、気になる部位を選んで行ってもいい。

鎖骨の内側を押さえて“うんうん”“いやいや”でくすみもたるみも解消!

村木さんが提唱! 見た目年齢を左右する老け見え3大ポイント

姿勢が悪いと全身が老けて見える。骨格や筋肉の土台が崩れることでむくみやたるみを引き起こす原因になる

村木式は、この3大ポイントにアプローチするから効果絶大!

・筋肉をほぐしてゆがみを矯正
加齢や運動不足で硬くなった筋肉は、骨格をゆがませる原因に。凝りをほぐして筋肉の柔軟性を取り戻せば、全身が美しいシルエットになる。

・リンパをスムーズに流す
巡りが悪くなった血管やリンパにマッサージで働きかけることで老廃物の排出も促される。全身のむくみがスッキリ。

・たるんだ皮膚を引き上げる
たるみの原因になる、筋肉や筋膜の縮みをほぐし、表面のたるみを改善。老廃物の重みによる下垂も改善するため、肌や体のハリが取り戻せる。

30Daysカレンダーは3コース

【Day1-10】むくみ取りコース
血液やリンパが滞って、老廃物がたまりやすい下半身を集中ケア。代謝も高まり、すっきり軽やかな体を取り戻す。

【Day11-20】ゆがみ取りコース
偏って使われがちなお尻~上半身の筋肉をゆるめ、骨格のゆがみを調整。呼吸を改善して心身のバランスも整える。

【Day21-30】たるみ取りコース
硬直した顏や頭の筋肉をゆるめて弾力を取り戻し、肌を内側からリフトアップ。シワやくすみなどの肌悩みも改善。

【Day1-10】代謝アップ、太ももを細く むくみ取りコース

まずはリンパや血液がたまりやすい下半身を集中ケア。硬くなった筋肉や関節をほぐし、老廃物を押し流そう。

 むくみは、意外と老け見えにつながる。血液やリンパが滞ると、老廃物がたまり、流れがさらに停滞し、むくむ。「むくみを放置すると、筋肉の動きが阻害されて血液やリンパを押し流すポンプ機能が低下する。細胞に酸素や栄養が十分に届かないので、皮膚の代謝が悪化してセルライトもたまる」と村木さんは指摘する。

 特に下半身は心臓から遠く、血流が滞りやすい。「長時間、同じ姿勢を続けるのもむくみの原因に。凝りをしっかりほぐし、その日のむくみはその日のうちに取るよう心がけて」(村木さん)。

【Day1】足首・ふくらはぎのラインを引き締める 足首クルクルマッサージ

足首のねじれ解消には、凝り固まった周辺の筋肉をほぐすのが先決。リンパが流れ、埋もれた足首のラインも復活。

握った両手の親指を足首の前に当て、曲げた指でくるぶしの骨をなぞるように下から上へ円を描く。アキレス腱の上まで掘り起こすように、少しずつ位置を変えながら繰り返す。
※ マッサージには、軽く握りこぶしを作ったときにできる指の第一関節と第二関節の間の面を使う。

【Day2】足首の筋肉を柔らかくして老廃物を流す 足首・ふくらはぎほぐし

かかとを床につけたままつま先を上げるのがコツ。足首の深い部分を刺激し、周辺の老廃物を効率よく流す。

(1)足首の正面で、すねの骨2本の間にあるくぼみに親指を入れ、くるぶしの下に人差し指を当てる。
(2)かかとをしっかり床につけ、つま先の上下を繰り返す。

この人に聞きました
村木宏衣(ひろい)さん
アンチエイジングデザイナー
国内外のセレブから絶大な支持を集めるエステティシャン。美容雑誌の「ベストサロン&クリニック」ではサロン部門唯一の殿堂入り。『顔筋整骨パーフェクトビューティ』(主婦と生活社)など著書多数。 http://www.hiroi-muraki.tokyo/

取材・文/オカモトノブコ 写真/稲垣純也 モデル/MIKA スタイリング/椎野糸子 ヘア&メイク/依田陽子

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

人気記事ランキング

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ