ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんに、戦略的な着こなしのコツを聞いてきたこの連載も、ついに最終回! コートの前を固く閉じて歩きたくなる寒い日が続きますが、締めくくりの今回は、早くも明らかになってきた2019年春夏シーズンのトレンドを速報します。

 2019年春夏シーズンのトレンド傾向が見えてきた。ポジティブや多様性、リラックスなどが基本のトーンになりそうな気配。有力ブランドの来春夏向け展示会で目に付いた、色と柄の新傾向を先読みリポートしていこう。

鮮やかな色柄を、異なるテイストでミックスして

TOMORROWLAND 2019年春夏コレクション
STYLE & EDIT TAKASHIMAYA 2019年春夏コレクション
BEAMS 2019年春夏コレクション
BAYCREW’S 2019年春夏コレクション

 まずは柄から見ていくと、来春夏はモチーフの種類が増える。花柄、ストライプ柄、チェック柄、ドット柄など、バリエーションはこれまでの春夏にも増して幅広くなりそうだ。ワンピースやセットアップ(上下そろい)ならオフィスにも着て行けそう。夏に向けてはトロピカル柄がリゾート感を盛り上げる。

 モチーフに使われる色の数が増えるのも、来季の傾向だ。フェミニンな赤のほか、ジューシーなイエロー、ナチュラルなグリーン、涼やかなブルーなどが着姿を彩る。複数の色を交わらせるマルチカラーも、前向きな気分を盛り上げてくれる。

 柄を生かすのは、異なるテイストや素材感をミックスするスタイリングだ。春夏らしい薄物の生地越しに、文字プリント柄を透かして見せると、メッセージがきつく見え過ぎない。大きめのドット柄はファニーな着映えに導く。植物柄とストライプ柄を交差させるような着こなしも相次いで提案されている。